日野市の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

日野市の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に日野市の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

日野市の遺品整理に伴う片付けの感想・1

遺品整理をする時期はいつ頃がいいのでしょうか。
時と場合によって様々でしょう。
すぐに片付けなければいけない場合もあります。
亡くなった方が住んでいた家が借りているものだとすぐに引き払わないといけません。
そうでなくとも形見分けについては亡くなった後親戚が集まっているうちに済ませたほうがいいという事情もあったりするでしょう。
タイミングとして初七日以降とか四十九日の法要以降などという事も言われています。
ですが仏教の教えの中に遺品整理の時期は何時にしなさいなどの指示がされていわけではないのであくまできっかけ程度に考えた方が良いのではないでしょうか。

またしばらく経って悲しみがぶり返してきて中々処分に踏み切れないという人もいます。
私見ですがそういう方にこそ遺品整理は必要な作業だと思います。
亡くなった人のものをいつまでも残しておくとどうしても頻繁に思い出して気持ちが鬱々としてしまいがちです。
気持ちを前向きにして元通りの人生を送るためにはむしろそのままにしておいてはいけないのではないでしょうか。

日野市の遺品整理に関する色々な感想・2

ここ十年ほどで遺品整理業が増えてきました。
少子高齢化社会では需要が高いのでこれからも当分業者の数は増え続けるでしょう。
ですがブームに乗って悪い業者も出てきているようです。
運びだした遺品を不法投棄する業者がいたり、見積もりを取った後で追加料金を請求するなどのトラブルが起きています。
また遺族の許可を取らず遺品を転売するという悪質業者もいるようです。

このような悪質業者を減らすために遺品整理士という資格が出てきました。
遺品整理業について必要な様々な法律知識やモラルについて講習を受け、資格試験に合格すると認定される資格です。
遺品整理業は新しい職業なので開業するために資格が必要ではまだありません。
ですが悪質な業者を見分けるためにはまずこの資格について聞いてみるのが一つの手段です。

また遺品整理にかかる予算について正確に判断するためには実際に現場を見てみなければわかりません。
部屋の広さはある程度基準になりますが荷物の量や必要な清掃の度合いについては電話やメールなどではわからないからです。
なので現場を見てないのに見積もりをはっきり出す業者は後から追加料金を請求される可能性が高いです。

日野市の遺品整理関連で見た様々な感想・3

親戚や家族が亡くなることはあまり頻繁にあることではありません。
人の死後にはお葬式や遺品整理など色々とこなさなければいけない作業があります。
ですが慣れるということはないでしょう。
誰かの葬式に呼ばれることには慣れても自分がお葬式を出す側になると色々なプレッシャーがあるものです。
どのようなやり方でお葬式をやるかについても現代は選べる時代です。
故人の遺志がわからなければ遺族が適切なやり方を選ぶことになりますが、それぞれの価値観や経済状況によって望むやり方は変わります。
それが原因で遺族間のトラブルになることは少なくないようです。

遺品整理についても何を残して何を捨てるのかも悩みの種です。
できるだけ遺品を残しておきたいという人もいるでしょうが、現実問題として置き場所は誰かが負担しなければいけません。
形見分けについても誰が何を持っていくかについて揉めることはよくあります。
大量の遺品がある場合は遺品整理業者さんを呼ぶことになります。
一番の理想は生前から話しあって葬儀や遺品整理について決めておくことでしょう。

日野市の遺品整理行った上での感想・4

自殺した後の現場を片付けるのは大変だと遺品整理業者が書いた『遺品整理屋は見た!』という本を読んで知りました。
自殺を選ぶような追い詰められた人は死んだ後のことなど考えられないのでしょうが。
手首を切って自殺した人の部屋は部屋中に大量の血が飛び散っているという描写が多く、また失血死というと首を吊って死ぬのに比べると苦痛が少ないと思っていましたが死ぬまでに苦しんで暴れた後が残っているという事を知ると恐ろしくなります。

また、自室で死んだ人の死体を家人が片付けなければいけないのは当然のことですが飛び降り自殺や車を使って一酸化炭素中毒で自殺した後の片付けも遺族がやらなければいけないというのは初めて知りました。
遺体そのものは警察が持って行ってくれるそうですが現場の飛び散った破片などの清掃はやってくれないとか。
また車の中で自殺した後の車も誰かが片付けなければいけないというのは当たり前ですが普段意識したことのない事でした。
他にも色々なことを考えさせられる本なので是非読んでみてください。

日野市の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

『アントキノイノチ』という映画を観ました。
ひきこもりだった主人公・永島杏平が遺品整理屋でアルバイトする事になりそこで働く久保田ゆきと出会い惹かれ合っていくというストーリーの映画です。
タイトルはどう聞いても某プロレスラーのもじりですが内容はプロレスとまったく関係がありません。
「元気ですかー!」という例のフレーズは出てきますが。
遺品整理という珍しい題材に惹かれてDVDを手に取りましたが見終わるまでずっと首をひねりっぱなしな映画でした。

さだまさしさんの小説を原作として映画化したものだという事ですが、全体的に「小説だと何らかの説明があるんだろうな…」という説明不足感を常に感じてしまいました。
また映画はいきなり主人公が家の屋根の上で裸で体育座りをしているシーンから始まるんですがこれにまったく理由がないんですね。
また人物同士の会話にも微妙につながってないんじゃないの?というやりとりがあったりして話に没入できませんでした。
遺品整理の仕事については実際の遺品整理屋さんが監修しているとの事でそれなりにきちんとしているのですが。
ですがヒロインのゆきは途中でアルバイトを辞め老人ホームの職員になってしまうので遺品整理がメインの話とはちょっと言いづらい映画になってしまっていると思います。
個人的にはもっとうまくやれたのではという映画でした。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品整理のご相談ならロングテールジャパン

お勧めの記事

  1. 国立市の様々な遺品整理関連に関する意見と感想をまとめました

  2. 三浦市の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

  3. 愛甲郡愛川町の様々な遺品整理関連に関する意見と感想をまとめました

  4. 横浜市の遺品整理に関する色々な感想を募集し、まとめました

  5. 川口市の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

  6. 茅ヶ崎市の遺品整理など様々な意見と感想をまとめました

  7. 渋谷区の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

  8. 蕨市の遺品整理を行った方様々な感想をまとめました

  9. 横浜市西区の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  10. 日野市の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

TOP