川崎市麻生区の様々な遺品整理体験など感想をまとめました

川崎市麻生区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に川崎市麻生区の様々な遺品整理体験など感想をまとめました

川崎市麻生区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

将来的に増えてくるであろう問題に高齢者の孤独死というものがあります。
現在でも話題になっていますし、十年ほど前から遺品整理業者が専門的に出来てきたのは孤独死した部屋を片付ける業者が必要になってきたからでしょう。
しかし少子高齢化社会はこれからもまだまだ続きますから、今まで以上に問題視され社会問題化すると予想されます。
かと言って今更近所付き合いを密接にする・親戚同士の付き合いを濃厚なものにするなどという時代の流れと逆行した対策はとれないでしょう。
最低限の人とだけ付き合うようになったという事はそれだけ世の中が便利になったという事です。
その便利さを捨ててまで濃い人間関係に戻ることはできないと思います。
地域でのコミュニケーションが強い社会というのは例えばあの家のあの子はあの夜に仕込まれていた子供だなどという事がわかる相互監視社会でもあるわけです。

遺品整理業者を呼ぶ必要が出てきそうな高齢者の入居を断る大家さんはどんどん出てくるでしょう。
高齢者の受け皿となる公共の老人ホームが必要とされます。
また生きているうちから遺品整理の準備をしておくことがより一般的になるのではないかと思われます。

川崎市麻生区の遺品整理に関する色々な感想・2

遺品整理業者さんのお話を聞くと自分が死んだ後のコレクションや身の回りのものはどこに行くのかなどという事について思いを馳せてしまいます。
というのも遺品整理業者さんの書いた本「遺品整理屋は見た」を読むとコレクターの死後の整理について頼まれたという件がいくつかあるためです。
例えばAVコレクターで部屋の中はAV女優のポスターやソフトだらけという男性の事について書かれていました。
別に他人に迷惑をかけていなければ何も問題はないのですが、死んだ後どうするかという考えが一度湧いてくるとどうしても振りきれないものがあります。

一般的ではないけど集めているものがあるという人はそれなりにいるのではないでしょうか。
死後それらのコレクションを他人に見られるのが恥ずかしいという方もいるでしょう。
私も大量の古書コレクションがあるので気持ちはわかります。
ブックオフにたまにプレミア価格が付いているような本が何気なく並んでおいてあったりするのですが、これは持ち主が死んで家族の方がとりあえず売ったのかなと思ってしまいます。
どうせなら同じような趣味を持つ、価値のわかる方の手に渡ってほしいなという気持ちがあります。
遺品整理についてマニア同士で死んだ後の事について譲りあう約束などができたら良いのですが。

川崎市麻生区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

生前整理という概念が近年生まれてきました。
遺品整理について生きている間から準備をするという考え方です。
自分が死んだ後にかかりそうな処分の見積もりをして欲しい、自分が死んだ時の為に予約を入れたいという依頼が遺品整理業者さんに来る事も珍しいことではないとか。
自分の死後に残された家族が困る事のないように準備をしておくという方もいれば、身寄りがなくこのままでは孤独死した時に色々なところに迷惑をかけてしまうからという方もいます。

生きている間から死んだ時の事を考えるのは後ろ向きだとか縁起が悪いと思ってしまう方も多いでしょう。
しかしいつか死ぬという事は当たり前のことであり、避けられることではありません。
いざその時が来て心残りを残す事がないように心構えをして準備を済ませておくという事はむしろ前向きな考え方と言えるのではないでしょうか。

老前整理と言って、老いて体力気力が低下して身の回りの片付けができなくなる前に整理を済ませておくというものもあります。
これら生前に行う死後の準備についても遺品整理業の方が手助けをするサービスを行っているようです。
突然に死が訪れる事もあります。
いざという時の心配を無くし日々を前向きに生きていくために生前整理について考えてみてはいかがでしょうか。

川崎市麻生区の遺品整理行った上での感想・4

自分が死んだ後のことについて真剣に考えたことがある人は少ないかと思われます。
考えたことがあってもぼんやりとしたイメージだったりして具体的な手続きや作業の詳細まで考えることはないのではないでしょうか。
しかし、人間は必ず死にますし、死んだ後は故人の片付けをしなければいけなくなります。
お葬式や遺品整理や財産分与など様々な手続きや儀式がついてくるわけです。
誰かがそれら事務作業をやらなければいけないのですが、この方針について親族の間で揉め事が起きるのは珍しいことではありません。
争うような遺産などないと思うかもしれませんが、むしろ大量の遺産がない方が揉める傾向が高くなるそうです。

遺産問題などという生臭い事だけではなく、遺品整理についてや葬式の出し方の方針についても揉め事になることが少なくありません。
ここで故人が「こういう風にやってほしい」という意志を残していれば随分争いが起きる可能性が少なくなります。
エンディングノートといって死後の葬式や遺品整理の希望について書き残しておくという行為が近年出てきました。
遺言と違って法的効力はありませんが、本人の意志を残すだけなので簡単に作ることが出来ます。
遺品整理屋が生前整理のひとつとして書くのを手伝ったりもしているようです。

川崎市麻生区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

遺品整理士という資格が最近出てきました。
そもそも遺品整理を専門とする業者が出てきたのもここ十年ほどの事です。
それ以前は「何でも屋」などという故人の部屋を清掃する仕事などを扱う業者さんがやっていたようです。
それが専門的な業者になり、さらに資格までうまれてきたという事は少子高齢化で孤独死が増え、需要が多くあるという事なのでしょうね。

遺品整理士という資格はまだ国家資格ではありません。
一般社団法人遺品整理士認定協会という所が業界の正常化・悪徳業者を排除するために出している資格ですが、国家資格化も目指しているようです。
遺品整理業を行うには中々多方面の知識を求められるということもこの資格が出てきた背景にあるようです。
孤独死された部屋には死臭が染み付くため、部屋を清掃しなければいけません。
また大量に湧いた虫を駆除するための薬品の取り扱いも覚えて置かなければいけません。
また時にはリフォームが必要な場合もあるのでリフォーム関連の知識も求められます。
ただの清掃業者より求められる事が多いんですね。
また遺品を処分するためには一般廃棄物処理などの許可が必要になりますし、まだ使える遺品をリサイクルして売るためには古物商の許可が必要になります。

これから需要はどんどん高まっていくでしょうし、遺品整理士はメジャーな資格になるのではないでしょうか。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品整理のご相談ならロングテールジャパン

お勧めの記事

  1. 平塚市の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

  2. 秦野市の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

  3. 川崎市幸区の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  4. 横須賀市の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

  5. 渋谷区の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

  6. 南足柄市の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

  7. 横浜市神奈川区の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

  8. あきる野市の様々な遺品整理体験など感想をまとめました

  9. 愛甲郡愛川町の様々な遺品整理関連に関する意見と感想をまとめました

  10. 狛江市の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

TOP