海老名市の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

海老名市の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に海老名市の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

海老名市の遺品整理に伴う片付けの感想・1

遺品整理を生前から準備しておく事が一般的になってきました。
生前整理と言ってこれからもっと普及していきそうな概念です。
生きている間から死んだ後の事を考えるのは後ろ向きだと考える人もいるかもしれません。
しかし、死後の後始末は誰かが絶対にやらなければいけません。
人間は社会を作って生きている動物です。
「自分一人の命ではない」とよく言われますが死ぬこともまた自分一人だけのものでもないと言えるのではないでしょうか。

遺品整理屋というと孤独死してしまった人や自殺をした人の後始末をする仕事という印象かもしれません。
ですがこれからは人の人生の終わりをより良いものにするという側面が強調されてくるでしょう。
いつか必ず訪れる死に対して向き合い準備をしておくことで毎日を前向きに生きていく事ができます。
「メメント・モリ(死を思え)」とは古代ローマのことわざですが、いつ死んでも後悔のないように生きるために生前整理をするのは大切なことだと思います。
整理をする中で自分が大切に思っているものや事柄について改めて確認する事もできるでしょう。
お葬式についても生きているうちから話し合っておく時代です。
遺品整理についても考えられるうちに考えてみてはいかがでしょうか。

海老名市の遺品整理に関する色々な感想・2

亡くなった人の使っていたものがいつまでも家の中にある事は精神衛生上あまり良いことだとは言えないでしょう。
品物を見るとどうしてもかつての思い出が蘇り、気持ちの整理がつかないと思います。
故人のことを忘れろというわけではありません。
ですが悲しみにいつまでも浸り続けるのはいかがなものかと思います。
前向きに気分を変えるためにも遺品整理は大切なことなのではないでしょうか。

家の中というものは住んでいる人の心を反映しています。
部屋が散らかっている人はだいたい心のなかも散らかっていて荒んでいる事が多いです。
逆に部屋を掃除することで心も綺麗になってすっきりさせる事ができます。
同じように遺品整理をすることで悲しい気持ちをリセットする事ができるでしょう。
大事な存在の家族が亡くなってしまう事はつらい事ですが誰にもいつか降り掛かってくる事でもあり、乗り越えなければいけません。
使われずに家の中にしまいこんでいるよりもしかるべき業者さんに渡してリサイクルしてもらった方が故人も喜ぶのではないでしょうか。

海老名市の遺品整理関連で見た様々な感想・3

自分が死んだ後のことについて考えたことがない人間はないと思います。
お葬式はどうしたいか、遺品整理はどうするのかなど悩んだりしたことがあるでしょう。
昔は必ずお坊さんを呼んでお葬式をしてもらいお寺の先祖代々続くお墓に入って……などとやり方が決まっていました。
しかし近年では価値観が多様化して、「お葬式を仏式でやらなくてもいいんじゃないか?」とか「戒名って本当に必要?」とか「お墓に入らなきゃいけないのか?」など様々な疑問が生まれてきました。
自分のお葬式・死に方について選べる時代がやってきたわけです。

ですが、選べるという事は迷わなければいけないという事でもあります。
選択肢がなければ何も考えずそれに従っていればいいのですからある意味気楽ですよね。
最近では「散骨」と言って焼いた後の遺骨をお墓に入れず海や山に撒くという形ができてきました。
狭苦しいお墓に閉じ込められるよりもロマンがあって良い事だと思います。
ですが、遺骨を撒くにはそれなりに問題があります。
勝手に人の土地に遺骨を撒いたら土地の所有者とトラブルになるかもしれません。
海に撒くにも船を出してもらわなければいけませんが、船を持っている人など中々知り合いにはいないでしょう。
そこで遺品整理を専門とする業者さんが散骨のサービスも行うようになったりしているようです。
将来的にはお葬式・遺品整理・散骨まで全てセットでサービスするお仕事が出てくるかもしれませんね。

海老名市の遺品整理行った上での感想・4

遺品整理をするなどという事は一生の中に何回もないことだと思います。
お葬式については色々な作法の本やテーマとして取り上げられた小説や映画などもありますし、まだ身近なものでしょう。
ものによってはコメディー仕立てにした作品すらあります。
しかし遺品整理というのはもっと事務作業的な色合いが多いせいか取り上げられることが少ないような気がします。
遺品整理を専門とする業者さんが登場してきたのはここ最近のことというのも理由にあるでしょう。
人が死んだ後に絶対にやらなければいけないことなのに目が向けられていないと思います。

最近アントキノイノチという遺品整理業者をモチーフに扱っている小説と小説を原作とした映画ができましたが、そのくらいではないでしょうか。
もっと遺品整理をテーマとした物語などがあってもいいのではないかと最近思いました。
創作物の役目として自分の人生で体験したことがない出来事でも体験したような気分になれるというものがあると思います。
人生の準備をする体験として小説を読んだり映画を見たりしているという一面があるのだと思います。
遺品整理の事を考えさせてくれるようなものがもっと一般的になれば自分の死について考える機会が増えるのではないでしょうか。

海老名市の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

遺品整理業者さんのブログを読んで知ることができたのですが、自殺する人の後片付けは大変なんですね。
自分で自分の命を絶つ選択を選ぶほど追い詰められた人に後のことを考えろと言うのは無茶な話ですが、住人の方が自殺した後の部屋に呼ばれ遺品整理を頼まれるというパターンの多さに驚いてしまいました。

誰にも知られずひっそりと自殺した人は発見されるのも当然遅れるわけです。
死後2日ほど経っただけで人間の体というのはとんでもない状態になってしまうそうです。
人間の血液や腐敗した脂というのは壁や床にこびり付いて落とすのが大変なようです。
ちょっと普段同じような汚れを落とす経験がないのでわかりませんが、確かに労力が掛かりそうですよね。

首を吊って自殺すると後に大小便を漏らしてしまい後が汚いという話は比較的よく聞きます。
比べて失血死というと静かに死んでいくイメージがありますが、手首を切って自殺を試みた人が部屋中に血をまき散らして亡くなっていたというケースは多いようです。
死ぬ前に苦しんで暴れまわったのであろうとのこと。
考えているよりも死ぬというのは大変なようです。
死にたくないけど孤独死してしまった人もいれば自分で死を選んだ人もいる。
その両方の後始末をする遺品整理業というのは大変なお仕事だなあと思いました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品整理のご相談ならロングテールジャパン

お勧めの記事

  1. 横浜市港北区の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

  2. 武蔵野市の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

  3. 相模原市緑区の様々な遺品整理体験など感想をまとめました

  4. 世田谷区の様々な遺品整理体験など感想をまとめました

  5. 伊勢原市の遺品整理様々な感想をまとめました

  6. 国分寺市の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

  7. 厚木市の遺品整理を行った方様々な感想をまとめました

  8. 豊島区の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

  9. 横浜市の遺品整理に関する色々な感想を募集し、まとめました

  10. 大田区の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

TOP