羽村市の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

羽村市の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に羽村市の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

羽村市の遺品整理に伴う片付けの感想・1

「もう、遺品整理は業者に頼んじゃおうか?」と言いだしてきたのは母でした。
確かに父の遺品の量はたくさんあったので大変ではありました。
でも他の人に任せるというのはちょっと筋違いな気がした私は反発をしました。

父が亡くなったのは先月のことです。
長い闘病生活の末、埼玉県のふじみ野市の実家で息を引き取りました。
余命宣告をされていましたが、余命を遥かに超えて生きていてくれた強い人です。
お見舞いに行った時も「まだまだ孫の顔を見てないから死ねないよ」なんて言っていました。
でも、けっきょく孫の顔どころか、私の結婚すら体験することなく、あの世へ旅立ってしまったんです。

父に対しての想いの強い私。
でも母は違うのか?遺品整理業者を頼むなんて……私は疑念を感じていました。
でも最終的には母の判断に任せるということにしました。
喪主は母でしたし、父の伴侶だったわけですから考えがあるはずです。
そして母は、某社というところに遺品整理をお願いしました。

当日はちょっとだけ私はむくれていました。
でもスタッフさんたちの姿を見て少しずつ氷が溶けていった感じがしました。
こまごましたものはもちろん重いものまで、丁寧に遺品を扱ってくれたんです。
「やっぱりプロの人にしっかりやってもらって良かったね」そう母はいいました。
大切な人だからこそ、しっかりやってもらいたいという気持ちが母にはあったというわけです。

その言葉を聞き、私は恥ずかしくなりました。
父に対する思いは母のが強いのかもしれません。
某社さんの作業をみつつ、そんなことを感じた次第でした。

羽村市の遺品整理に関する色々な感想・2

私の大好きな姉が亡くなったのは数か月前のことです。
学校を卒業して、ふじみ野市を出てからもたびたび姉とは会っていましたし、「私たち姉妹って本当に仲イイよね!」なんて言い合っていたものです。

そんな姉は病気で亡くなりました。
もう2年ほど闘病生活を続けていたんです。
それでも本当に、亡くなる1か月前くらいはとても元気だったんです。
病気なんてしてないんじゃないの?というくらい。
それが突然危篤になり、そのまま亡くなってしまったんです。

遺品整理はそれはもう辛かったです。
あれだけ大好きだった姉のものですから、触れるたびに思い出が溢れてしまうんですよね。
「これはいついつの、あれはあの時の」なんて涙声で思い出していました。

母が頼んだ遺品整理業者は某社というところです。
なんでも姉が生前のうちに「ここにしたら?」なんて冗談で言っていたんだとか。
「本当に使うことになるなんてね」と母は言っていました。

某社のスタッフに運ばれる姉の遺品たち。
それはとてもとても丁寧で、故人を想う気持ちを深くさせてくれるものでした。
思わず私は「大切な姉の遺品をありがとうございます」と声をかけました。
スタッフさんは優しく笑顔で応えてくれ、深々と頭を下げてくれました。
人の温かみを感じる遺品整理作業。
お姉ちゃんが選んだところは本当に良いところだったと思います。

羽村市の遺品整理関連で見た様々な感想・3

お母さんにとって私はどんな娘なのだろう。
母の生前、私は常々そう思っていました。
私は小さいころからあまり遊びにもいけず、ただひたすら勉強とお手伝いばかりしていたような気がします。
「本当は私のこと嫌いなんじゃないの?」とすら思った時期もあります。
でも先日の遺品整理で少しだけ心が晴れました。
母は私のことを嫌いなんかじゃなかったんです。

遺品整理は業者にお願いしようということで某社というところに連絡をしました。
残すものと整理するものを分けていた時、私はあるものを発見しました。
それは私の記憶にもなかった思い出の品でした。
「おかあさんだいすき」とだけ書かれたメモ用紙です。
いつ渡したかなんて思いだせもしませんが、そんなことは重要ではありません。
重要なのは、私が覚えてもいないような「紙切れ」を大事に桐の箱にしまっていたという事実です。

当日、某社のスタッフさんが遺品を丁寧に運び出す中でいろいろと考えていました。
母はどうしてあんなものを取っていたんだろうと。
もう一度紙を見るためポケットから取り出す時に、つい落としてしまいました。
「落とされましたよ」と某社の方が拾ってくださり、紙を見てこうおっしゃってくれました。
「大切な方の遺品整理、しっかりやらせていただきます」と。
そう、どんなことがあったって、私にとって「大好きなお母さん」なんですよね。
きっと母も口ではうるさかったけど「大切にしてくれてたんだ」と思いました。
某社さんの一言に気づいた自分の気持ち、そして繋がった母の想い。
遺品整理をして良かったと思います。

羽村市の遺品整理行った上での感想・4

遺品整理は私たち遺族にとって、故人をにしてあげられる最後の儀式です。
先日実家のふじみ野市で、そう痛感しました。

祖母のことがとても大好きだった私。
特別おばあちゃん子というわけではありませんでしたが、雰囲気というか人柄というか見習うべきところがたくさんあったんです。
私もおばあちゃんになったらああなりたいななんて思っていました。

もうけっこう歳でしたから、亡くなることは不思議なことではありません。
でもなんとなく「ずっと私の目標でいてくれる」という気がしていたんです。

父が知人が利用したことがあるという某社という遺品整理業者にお願いしたからといいました。
私としては「大切な人の遺品を他人に?」と思ってしまいました。
父は「大切だからこそ、だろ?」と言ってきたんです。

父の言い分は某社さんがきて初めてわかりました。
人ひとりが生きてきたのですから遺品の量はたくさんあり、重いものもけっこうあります。
それを辛い顔を見せず、丁寧に慎重に運ぶ某社さんたち。
時折見せる私たちへの心遣いや故人に対する敬意。
つまり某社さんは遺品整理のプロなんですよね。
素人がオロオロとやるより、しっかり故人を送れる。
儀式として成立できるということなんだと思います。
他人任せじゃなく、プロにお願いする。
大切な人の遺品整理だからこそしっかりやれて良かったと思います。

羽村市の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

祖父は半年ほど前に亡くなりました。
葬式後、遺品整理をする暇がなく放っておいてしまってたんですが、先日やっと終えてきました。

埼玉県ふじみ野市の実家にはたくさんの祖父の遺品がありました。
それほど物をためこむ人ではありませんでしたが、けっこうな量があって大変だなという印象です。
中には重いものもありますので体力もけっこう使いました。
そして何より、思い出が詰まっているものを見つけてしまうと、精神的にもけっこう辛いものなんですよね。

遺品整理作業が進むにつれて思わず手を止めてしまうことも多くなってきました。
このままじゃまた放置してしまう。
そう思い、某社という業者にお願いすることにしたんです。
やはり素人では最後までキッチリできないという判断をしたためです。

某社というところはしっかりしていて良かったです。
仕事ですから、作業をこなすのは当たり前といえばそうかもしれません。
でも一つ一つの荷物をあれだけ丁寧に運ぶというのはなかなかできませんよ。
私だってけっこう適当に扱うものもあったりしましたから。
それでも、某社さんはなんら手を抜くこともなく、しっかりと行ってくれたんですよね。
半年も放置してしまった遺品整理ですがこれでようやくスッキリしました。
寂しい思いもありますが、某社にお願いしたおかげで清々しい気持ちもあります。
みなさんも大変だと思ったら遺品整理業者を使ってみてはいかがでしょうか?

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品整理のご相談ならロングテールジャパン

お勧めの記事

  1. 横浜市栄区の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

  2. 綾瀬市の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

  3. 横浜市都筑区の遺品整理など様々な意見と感想をまとめました

  4. 愛甲郡清川村の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  5. 豊島区の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

  6. あきる野市の様々な遺品整理体験など感想をまとめました

  7. 横浜市の遺品整理に関する色々な感想を募集し、まとめました

  8. 横浜市瀬谷区の遺品整理様々な感想をまとめました

  9. 練馬区の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

  10. 横浜市保土ケ谷区の様々な遺品整理体験など感想をまとめました

TOP