江戸川区の遺品整理様々な感想をまとめました

江戸川区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に江戸川区の遺品整理様々な感想をまとめました

江戸川区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

いつ死んでも周りの人に迷惑をかけないようにと、本や服をリサイクルショップに大量売却をしてきました。
常に持ち物がスッキリ片付いていれば、私が急死しても遺品整理をする人たちが楽ですからね。
車の運転ができれば一日で一気に片づけられるのですが、激しくペーパードライバーなので事故を起こす自信しかありません。
だから徒歩で、一回でもてる量だけを売りに行っています。
あと残すはかばん類の一回だけなので、もう少し部屋が完璧スッキリ状態になりそうで楽しみです。

大体のリサイクルショップは、こちらが売りたいものを買い取れない場合に処分をしてくれます。
しかし某熊キャラクターの電池を入れると2足歩行で動くぬいぐるみだけは、引き取ってくれませんでした。
私は一度も歩行させて遊んだ経験がなかったので知らなかったのですが、お店の人によると電池を入れても動かなくなっていたそうです。
そういう訳で手元に戻ってきた熊さん。
現在も私の部屋に2つの足で立っております。
昔の彼氏にねだってとってもらったものなので、ちょっといわくつきです。
いつまでもそういうたぐいの思い出の品を部屋に取っておくのもなんだなぁ…と思っての売却だったのですが、またしばらくこの子との同居生活は続きそうです。

江戸川区の遺品整理に関する色々な感想・2

他人に秘密を打ち明けるのは、すごく勇気がいることだと思います。
なるべくなら一生打ち明けずに、墓場まで持っていきたいですよね。
だって言えないからには自分が相手を傷つけてしまう可能性があるし、そんなことをしてしまった自分自体に恥ずかしさを覚えます。
これはあたしがもともと、人に弱みを見せたくない格好つけ気質なところがあるからでしょうね。

でも秘密を持ち続けるのって、とても苦しいものです。
常に心配事があるのですから、精神的な疲労感がすごい。
これが心を病ませていくのです。
そうしていくうちにキャパオーバーになって、日常生活が立ちいかなくなっていく状態に今あります。

隠し続けて心を病みながら生き続ける方法も考えました。
しかしもし私が急に亡くなった時に、遺品整理で「この人はこんな秘密を隠していたのか!」と周りに驚愕されるでしょう。
そして私が周囲の人だったらと想像すると、ショックではあるけど生きているうちに教えて欲しいと思いました。
だから死後に迷惑をかけるよりも、きちんと自分の言葉で伝えようと思ったんです。

もしかしたらカミングアウトは自己満足かもしれないし、もしかしたら泣かれるかもしれません。
そういうおそれを含んでいますが、今から伝えようと思います。

江戸川区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

自分が今後どうやって生きていけばいいのか分からない、そんな思いにとらわれたことはありますか?現在の私がまさにそうで、今後の生き方をさっぱり見失ってしまっているのです。
得意分野で頑張っていきたいな…そう思っていたのですが、それすらもう危ういかもしれません。

大切な人にもせっかく期待されていたのに、私だってそれに沿って頑張っていきたかったのに、大きな力によってやめろと言われています。
今の不安定な収入を見ていれば、大きな影響力を持った人たちの心配も分かります。
影響力が強い分だけ私もNOと言いにくい。
この全ては私が招いたもので、どうしようもないのでしょうか?今更普通に就職しても、上手くやっていける気がしません。
飲み込みがおそいですし、不器用ですし、不注意だしで周りに迷惑をかけるに決まっているのです。
仕事で他人と関わるのが本当に苦痛なんです。
こうやって一人でパソコンをカタカタ言わせているほうが、絶対に向いているでしょう。

このまま普通の人ベースのレールに乗っていても、いいことがある気がしません。
ストレスで肌は荒れ、暗い中年女になり、葬式に人はまばらで、遺品整理では手伝いを渋る人多数な未来が待っています。
だからここで頑張らねばならないのでしょう。
認めてもらうために自分を律するほかはありません。

江戸川区の遺品整理行った上での感想・4

いつまでも親に頼っている私は本当にあまちゃんだなぁと思います。
こんな子供に葬儀や遺品整理を任せるのは心配だろうと思います。
本当は心の奥底で誰にも頼らず自立したいと願っているのですが、その強い気持ちがあだになっている気がするのです。
だって結果的に周りに迷惑をかけてしまうことが多いのですから…。

根性が足りないのでしょうか?私は中学の時に剣道部に所属していました。
「なんとなくかっこいいな」という軽い気持ちで入ったのですが、それがいけませんでした。
私はお気楽のんびりタイプなのに、そこは県大会出場を目指すハードな部活だったのです。
まるで軍隊のような感じで、「辞めたら何を言われるかわからないし、内申書にひびくかもしれない」の恐怖心から3年間続けました。
しかし私はその間に幸福感はなく、常に何かに追われている感覚があったのです。
周りから見ても辛そうにしているのが分かったようで、「お前は根性があるな」と言われていましたね。

だから私の中に忍耐力だとか根性だとかの、漢くさいものは一応存在するのでしょう。
ではこれらの問題ではないとしたら、何が足りないのか?それは自分を信頼する気持ちかもしれません。
これを言ったら嫌われると思うと上手く頼れない、そうとっさに思ってしまうのです。

江戸川区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

自分にとって快適な環境を選ぶのは当たり前ですよね。
その形態は人によって変わってくるものだと思います。
だって人の数だけ価値の基準が存在するのですから。
それを価値観と呼びますね。

例えば周囲の人間にどう注目されるかに重きを置く人が居ます。
人間だれしもそういう気持ちはあるでしょう。
しかしこれは行き過ぎると、とても生きづらくなるのではないでしょうか?だって他人の感覚なんか人それぞれですから、万人に認めてもらうなんて不可能です。
そうやってキリのないことを続けていたら、いつかパンクしてしまうように思います。
もしくは本当の満足感を得られない空虚な状態になりそうです。
世間が良いと言う風潮に流され続けて、エリートでやってきた人たちがたくさんいます。
これに満足している場合も有りますが、「自分はどうしてこんな空っぽな人生を歩んでいるのだろう?」と疑問を抱えながら生きる人も一定数いるのです。
だからある程度は「自分の意見」を押し出していかないといけませんよね。

近頃は自分の死に方にこだわる人がたくさんいるようです。
葬儀や墓のスタイルにこだわり、遺品整理ではどうしてほしいなどと決めてから往生するのだとか。
こう言う人くらい例に挙げた人たちはわがままになってほしいですね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品整理のご相談ならロングテールジャパン

お勧めの記事

  1. 横浜市泉区の様々な遺品整理関連に関する意見と感想をまとめました

  2. 横浜市保土ケ谷区の様々な遺品整理体験など感想をまとめました

  3. 稲城市の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

  4. 国立市の様々な遺品整理関連に関する意見と感想をまとめました

  5. 江東区の遺品整理を行った方様々な感想をまとめました

  6. 豊島区の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

  7. 八王子市の遺品整理を行った方の感想をまとめました

  8. 川崎市中原区の遺品整理様々な感想をまとめました

  9. 相模原市南区の遺品整理を行った方様々な感想をまとめました

  10. 川崎市の遺品整理など様々な意見と感想をまとめました

TOP