品川区の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

品川区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に品川区の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

品川区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

現代の日本では少子高齢化が進んでおり、様々な新しいサービスが生まれてきています。
その一つが遺品整理業です。
需要の高まりと共に多くの会社ができています。
ですが、数が増えるとどうしても中には質の悪い業者も混じってしまいます。
粗悪な便乗商品がブームに乗って出てくるというのはよくあることです。
では悪い業者を回避して良い遺品整理屋を見つけるためにはどのような所で判断すればいいのでしょうか。

まず実際に片付ける現場や部屋を見ずにすぐにはっきりした値段を決めて仕事にかかる業者はあまり信用出来ないようです。
なぜかと言うと、どのくらいの作業が必要なのか、かかる労力や必要な清掃作業などというものは実際に状況を見ないと判断できないからです。
なので現場を見ない見積もりはあてに出来ません。
後から追加料金を取られ、料金面でトラブルになる事があるようです。
見積もりを出してから、作業の途中で「この作業には別料金が発生します」と言ってお金を取ろうとするやり方は廃品回収などの類似業で良くある悪徳商法です。
遺品整理業者にも同じような事をしてくる会社がありますので見積もりを取ってもらうときには現場を見せてからしっかり料金について確認しておくことが重要です。

品川区の遺品整理に関する色々な感想・2

人間いつか必ず死ぬものです。
生きているうちから死後の始末について考えておくことは大切なことです。
人は社会の中で生活しているものですから生きるときも一人では生きていけませんし死ぬときも一人では死ねません。
死後必ず誰かがその後始末をすることになります。
葬式や遺品整理についての方針がわからないと遺族の間で揉め事が起きやすいものです。
遺産争いなど一部のお金持ちだけの問題と思いがちです。
ですが、実際にはそれほどの資産家でなくとも争いは起こるようです。
また、葬式のやり方も現代では無宗教から散骨葬まで色々と選べる時代です。
生きているうちから方針を選んでおいたほうが死後遺族の間で揉めることもありません。

死後の葬式や遺品整理について書き留めておくことをエンディングノートと呼びます。
遺言というのは法的拘束力がありますが、書式が決まっていて素人にはハードルの高いものです。
しかし、法的な決まりを守っていなくても故人の遺志がわかっていれば遺族はそれに従って始末を付けるものではないでしょうか。
残された遺族もそのほうが後悔すること無く葬儀や遺品整理を進めることができますし、両者にとって利益があります。
いつ死が訪れるかわかりません。
元気なうちにエンディングノートを付けてみてはいかがでしょうか。

品川区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

家族を亡くすということはとても辛いことです。
ショックを受けるのは当たり前のことです。
ですがいつまでも悲しんでばかりではいけません。
大切なのは自分の人生を生きていくことです。
故人の事をいつまでも引きずっているのはきっと亡くなった人も望んでいないでしょう。
気持ちを切り替えて元の生活に戻らなければいけません。
お葬式は儀式をすることで生活に区切りを付けるという意味があります。
また亡くなった方のものをいつまでも残しておくと見る度に思い出して立ち直りにくくなります。
故人を忘れ去るのは悪いことかもしれませんが、思い返し続けて気持ちが後ろ向きになるのは不健康です。

気持ちを切り替えるためには身の回りの環境を変えるというのが有効です。
遺品整理はただ使わないものを処分するという意味より心を整理するという意味のほうが大きいのではないでしょうか。
故人のものを整理して家の中を片付けることで心のなかの悲しみも片付けられます。
遺品整理が一人では肉体的・精神的にできないという方もいるでしょう。
現代では遺品整理屋といって遺品を片付ける事を専門にしている会社もあります。
気持ちを切り替えるために家族が亡くなって数年経ってから遺品整理業者に仕事を依頼する人は少なくありません。
今気持ちが沈んでいる方は遺品整理屋に頼ってみるのもいいかもしれません。

品川区の遺品整理行った上での感想・4

遺品整理を専門的に扱う業者が生まれてきたのはここ十年ぐらいの事だそうです。
比較的新し目の職業ですね。
もっと昔から清掃業はありましたし、個人の部屋を片付ける何でも屋のような職業はありました。
ですが、遺品整理専門というのは現代になって社会のニーズが変化してきた結果なのでしょう。
少子高齢化によって死後の始末をつけてくれる家族や子供がいない人が増えてきたという事なのでしょうか。
もちろん親族からの依頼もあるようですが。
自殺した後の現場や孤独死した後の現場を片付けるのは大変なようです。
また、飛び降り自殺した後の清掃というのも遺族がやらなければいけないようです。
意外な事実ですよね。

マイナーな職業だった遺品整理業者もその増加とともに作品のテーマになることも増え露出が増えました。
ノンフィクション本やテレビのドキュメンタリーでその存在を知った人も多いでしょう。
また、遺品整理屋もただ整理するだけではなく、遺骨を散骨するサービスを始めたり、生きているうちから死後の支度を準備する手伝いをするようになったり業務の幅を広げています。
これからは人は死ぬと葬儀屋と遺品整理屋を必ず呼ぶようになるかもしれません。

品川区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

遺品整理というと亡くなった後に故人の家族が行うものだという考えが一般的だと思われます。
しかし、最近では生前から遺品整理の見積もりをしたり、予約をしたりする人が増えてきているそうです。
生きているうちから死ぬことを考えるのは後ろ向きと思うかもしれませんが逆ではないでしょうか。
人間にとって死ぬことは絶対に避けられない結果です。
いずれかならず来ることに備えることはむしろ前向きなことだと思います。
自分が植物状態になった時に無理な延命治療はされたくない、というような自分の死の迎え方について考えるのはそれほど突飛な考えではないでしょう。
ならば、死の後についてもどういう風に葬儀をされたいか、遺品整理はどうするかと考えるのもおかしくないと思われます。

「一人暮らしで子供もいないし死んだ後に迷惑を掛けたくない」や「自分が亡くなった後に家族が楽なように」などと生前整理をする理由は様々です。
誰かの葬式の準備をした経験がある人はわかるでしょうが、人間一人の死の後始末というのは中々手間がかかります。
残された家族に苦労を掛けたくないというのは立派な心がけだと思います。
故人の意志がわかっていれば遺族同士で揉めることも少なくなるでしょう。
生前整理について考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品整理のご相談ならロングテールジャパン

お勧めの記事

  1. 羽村市の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

  2. 横須賀市の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

  3. 葛飾区の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

  4. 鎌倉市の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  5. 町田市の遺品整理など様々な意見と感想をまとめました

  6. 茅ヶ崎市の遺品整理など様々な意見と感想をまとめました

  7. 横浜市南区の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

  8. 宇都宮市の遺品整理様々な感想をまとめました

  9. 立川市の様々な遺品整理体験など感想をまとめました

  10. 練馬区の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

TOP