川崎市川崎区の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

川崎市川崎区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に川崎市川崎区の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

川崎市川崎区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

この前父が急に、「自分が死んだら迷わず遺品整理の業者を頼みなさい」と言ってきました。
どうやら映画「アントキノイノチ」に感化されたようなのです。
父が言うのは、「いつまでも死んだ人の物を遺しておいては、心の時計が止まったまま動かなくなってしまう」のだそうです。

特に、母は絶対に遺品整理を自分の手では行わないから、息子である僕に頼んだとのことでした。
確かに、母は物を捨てられない人です。
そしてそれ以上に、父を愛していますし、もし死んでしまったしたら、いつまでも引きずるでしょう。

かと言って、僕としてもそう簡単に父の遺品を自らの手で処分できるかと言ったら自信はありません。
どうしたって思い出はつきまとうでしょうし、父の顔がちらついて、ゴミ袋すらモテなくなってしまうでしょう。

だからこそ、業者に頼むのが良いのだと父は言っているのだと思います。
もちろん依頼をするのに躊躇はあるでしょうが、一度電話をしてしまえば、後には引けないはずです。

ある意味で、こうした言葉を遺してくれた父には感謝です。
その時が出来るだけこなければいいな、と思いつつも、覚悟だけはしておこうと思うのでした。

川崎市川崎区の遺品整理に関する色々な感想・2

妻は私を一人遺し、この世を去りました。
私たちには子供が出来ませんでしたので、本当にこれでひとりぼっちです。
ですが、彼女の遺したさまざまなものがありましたから、ひとりでも寂しくない。
そんな気になっていたんです。

ですがそんな生活は当然長く続きませんでした。
周りの友人や知人からは、遺品整理をすべきだと何度も諭されました。
当然そのたびに私は拒否をし続けたのですが、実は自分でもうっすらと気づいていたんです。
このままではいけないということは。

しかし、どうしてもダメなんです。
手が震えて、自分では妻のものを捨てることが出来ません。
妻が使っていたものの全てに、彼女がいるような気がしてしまい、どんなに頑張っても、整理をすることは出来ませんでした。

そんな時、たまたまインターネットでみつけたのが遺品整理業者の存在でした。
もう、自分でどうにも出来ないのだからいっそ誰かに…ある種、そんな投げやりな気持ちだったのかもしれません。

しかし実際には、遺品整理業者の方は本当に親切で、そして丁寧に妻の遺品を整理してくれました。
これでようやく、自分も一歩前に踏み出せる。
そんな気がしたように思います。
頼んで正解だったと思えるような人生を歩んでいきたいです。

川崎市川崎区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

いつまでも続くものなんて、この世にはないのだな…それを気づかせてくれたのは、皮肉にも恋人の死でした。
彼とは付き合って3年。
もうそろそろ結婚も視野に入れていた時期だったので、悲報を聞いたときには本当に目の前が真っ暗になったのを覚えています。

何より辛かったのは遺品整理です。
彼の一人暮らしの部屋に、彼のお母さんと一緒に訪れ、二人で作業を開始しました。
でも、結局は私がすぐに泣き出してしまって、いつまで経っても作業が続かなかったんです。

それで結局は、遺品整理業者さんを呼んで、キレイにしてもらうことになりました。
業者さんは本当に優しい気遣いをしてくれて、少しだけほっとした思い出があります。

さっぱりとしてしまった彼の部屋を眺めながら、もう彼はこの世にいないんだ、と痛感しました。
これからの人生、どう生きていいかはまだわかりませんが、遺品整理をしたことで一区切りはついたと思います。
きっと彼も、天国からエールを送ってくれているに違いありません。
強く、生きていきます。

川崎市川崎区の遺品整理行った上での感想・4

私は昔からお姉ちゃんの後ろをずっと追いかけるような子供でした。
お姉ちゃんが公園に行くと言えば公園に行き、お姉ちゃんが図書館に行くと言えば図書館に行く。
お姉ちゃんが私立の高校に行くと言えば、自分も将来はそこを受ける、といったような。
本当にお姉ちゃんのことが大好きな、そんな子供でした。

でも、もうお姉ちゃんの後を追いかけられなくなる日が来るなんて思ってもいなかったんです。
別れは本当に、驚く程突然でした。
お父さんから電話が来て、お姉ちゃんが病院に運ばれたことを知りました。
私はその時大学にいましたから、到着がちょっと遅れて…ついたときにはお姉ちゃんはもう…

しばらくしてからお姉ちゃんの部屋の遺品整理がはじまりました。
お父さんもお母さんも、もちろん私も自分の手でそんなことは出来なかったので、遺品整理専門の業者さんを頼んだんです。

テキパキと進む作業の途中で、業者の人が一冊のノートを私に渡してくれました。
それは10年も前に、お姉ちゃんと一緒につけていた交換日記でした。
私は涙が止まりませんでした。

遺品整理が終わると、なんだか家族全員が、少しだけすっきりとした顔をしていたように思います。
お姉ちゃん、今までの思い出をありがとう。
私これからも、お姉ちゃんの分まで一生懸命生きていくね。
交換日記を胸に抱きながら、そんなことを考えました。

川崎市川崎区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

家族を失う悲しみというのは想像もつかない程の苦痛です。
共に人生を歩んできた人が、突然目の前から姿を消すわけですから、その苦しみたるや、経験した人でなくては分からないでしょう。

しかも、この経験というのは人生の中で何度も訪れるものではありません。
よほどの大家族でも無い限り、多くて4〜5回程度でしょう。
そして何度経験したとしても、慣れるものではありません。
その度に身を引き裂かれるような思いをしなくてはならないのです。

そして人が亡くなる度に増えるのが遺品です。
この整理というのは基本的には遺族が行わなくてはなりません。
愛する家族が遺した物ですから、捨ててしまうのを躊躇してしまうのは仕方のないことでしょう。

しかし、いつまでもそのままにしておいては、先に進むことは出来ません。
そんな人たちのために「遺品整理」専門の業者というのがあるのをご存じでしょうか?

彼らは遺品整理のプロですから、さまざまなことを迅速かつ丁寧にこなしてくれます。
もちろん、遺族への配慮も忘れません。

人生で何度もないこうした事態ですから、誰かの手を借りるというのも検討すべきでしょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品整理のご相談ならロングテールジャパン

お勧めの記事

  1. 葛飾区の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

  2. 稲城市の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

  3. 愛甲郡愛川町の様々な遺品整理関連に関する意見と感想をまとめました

  4. 豊島区の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

  5. 横浜市中区の遺品整理様々な感想をまとめました

  6. 文京区の様々な遺品整理関連に関する意見と感想をまとめました

  7. 目黒区の遺品整理様々な感想をまとめました

  8. 日野市の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

  9. 板橋区の遺品整理様々な感想をまとめました

  10. 江戸川区の遺品整理様々な感想をまとめました

TOP