蕨市の遺品整理を行った方様々な感想をまとめました

蕨市の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に蕨市の遺品整理を行った方様々な感想をまとめました

蕨市の遺品整理に伴う片付けの感想・1

知り合いが話していたのですが、遠い親戚で「孤立死」という状態で亡くなった方がいるのだそうです。
今、しばしば問題になっていますから、ニュース等ではよく耳にしますが、実際あったという話ときくと、他人事でないような気持になりました。

考えてみれば、ひとり暮らしの方は全国的にも増える一方ですし、必ずしも高齢でなくても、ちょっとしたタイミングで、家でひとり亡くなることは、ある意味では誰にでも起こり得るはずです。

30代の主婦であっても、ある日家人が出掛けたあとに、持病も兆候もないのに、突然亡くなってしまったという方がありました。

なかには、人と交流がなかったために、死後、数年経って白骨化した状態で発見されたというニュースもありました。
それは、家族が遺品整理を頼み、たまたま取材にも応じたからニュースになったというものでした。
実際はニュースにされないような「孤立死」は、もっともっとあるのだと思います。

さらに、最後に遺品整理を頼むような親族すらいない人もいるわけです。

高齢化が激しく、色々な事情で人と付き合いがなくなるのを、避けられなかった人の気持ちも、今の時代ですから、わからなくない気もします。
でも、自分が将来、もしも高齢でひとり暮らしをする状態になったならば、「孤立死」となる状況を避けるような工夫はしたいものです。

先人に学べ、というではありませんか。

蕨市の遺品整理に関する色々な感想・2

遠い親戚で「孤立死」という状態で亡くなった方がいるという、知り合いの話をききました。
それで、親族が遺品整理を頼んだということでした。

早くに配偶者を亡くし、特にもう人とのお付き合いもなく、亡くなった後で発見されれば、一般的に孤立死といわれるようです。
でも、その方は別に人が嫌いなわけでも、孤立していたわけでもないそうです。
たまたま後で発見されたことで、周りからそういわれて、何だか不憫だと知り合いは話していました。

今、たとえまだ高齢でなくても、こういった話をきくと、なんとなく身につまされるような気分になる人は、実は多いのではないかと思います。

たとえば、大家族で暮らしているとか、いつも誰かと交流しているとか、通勤する日が多いとか、毎日誰かと電話で話すとか。
そういう人の方が、実は全体的には少ないように思われます。
もちろん、中年以降の人での話です。

つまり、そうなる可能性は誰にでもあるという時代だと思います。

それに備えて、地域で見守り制度をすすめたり、あるいは遺品整理を託したり、生前整理をしてみたり、私たちは何ができるか考えるべきなのでしょう。

蕨市の遺品整理関連で見た様々な感想・3

「孤独死」と「孤立死」とは違うってご存知でしたか?
私は知りませんでした。
住宅関連のお知らせに、その定義の違いと、「孤立死」させない取り組みということが書いてありました。

いいたいことはわかるし、まっとうだと思うのですが、「孤独死ならいいが、孤立死はいけない」みたいな雰囲気が、いかにも日本人的だと私には感じられました。

「孤独死」は、人と交流があるが、たまたまひとりで亡くなった場合。

「孤立死」は、交流がなく地域から孤立し、ひとりで亡くなり長時間放置された場合、だそうです。
では「長時間」とは何時間以上との定義なのでしょうか。

と、嫌味なヘリクツはこの位にして、要するに対策として、高齢者も日々人と交流し、できれば、あとあと迷惑をかける死に方はしない方が良い、ということだと思います。
ことばが悪いですが、そういうことではないでしょうか。

そして、もっとはっきり言えば、行政などは何もできないわけですから、自分たちで見守りし合うしかない、といった取り組みが始まったということです。

遺品整理を自分で意識することは、そういった取り組みの一部になると思われます。

私も、そういう「力」のある高齢者になりたいですし、できれば、周りの人にも目を配れる位なら、もっと好ましいと思いました。

蕨市の遺品整理行った上での感想・4

私は、引越の経験が多い方だと思います。

引越が好きということではなくて、実家から離れた東京で、進学、就職したことも要因でした。
あとは、ライフスタイルや人生の転機などにも影響されますよね。

引越はとても疲れます。
もちろん、梱包は自分でやるからです。

若い頃なら、まだわくわくする高揚感のほうが大きかったように思いますが、最近は、引越の1日が終わるともう茫然自失といった状態になりました。

宝くじでも当たらない限り、これからはできれば引越はしたくない気がします。

ただ、ざっと数えて10回以上の引越の経験をふりかえるに、来てくれた運送係の方々に悪い方はいなかったというか、いい方ばかりという印象が多いです。
きっと「力持ちのお兄さん」的に、皆さん爽やかな人が多かったのと、頼りになるということで、やはり感謝される仕事なのだと思います。

遺品整理という仕事も、少し引越屋さんと似ていますよね。

おそらく、違うところは細かい仕分けや扱い方、孤立死だった場合は清掃や消毒などがあるところでしょうか。
遺族への気遣いも色々あって大変だと思います。

ときには複雑な事情も想像できるだけに、現場で遺品整理に携わる方も、いい方が多いと良いです。

逆に、そういう仕事で苦労されると、情けのわかる人になるのではないかと思われます。

蕨市の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

高齢化が進み、孤独死が増加したことなどによって、遺品整理という仕事の需要が高まり、話題になりました。

同じように、「ゴミ屋敷」といった状態の家もしばしば報道され、今度は、「空き家」の増加が問題になっています。

どうやらこれは、都市部の住宅街などに多いようです。
しかし、東京だけの話ではなく、私の住む地方都市でも、住宅街の中に「空き家」が増えて、近隣の人が困っているといいます。
それは、治安や防犯の面から物騒であることと、多くが老朽化による危険をはらんでいることなのだそうです。

一番怖いのは、放火だといいます。
さらに、夏は雑草・害虫、そして寒冷地では、冬は落雪さえ野放しにされていて、通学路にあたる場合も多いので事態は深刻です。

隣人の迷惑を思うと、ひどい話です。
さっさと処分すればいいのにと腹が立ちますが、撤去費用や税金の問題で、そうもいかないということです。

家さえ片付けられないのなら、それは遺品整理より以前の問題です。

なんだか、これには呆れてしまいます。

これに比べたら、晩年に貸家暮らしでも、自分の遺品整理を考えるなど、なんとつましく謙虚な市民でしょうか。
あとあと人に迷惑を掛けるより、きっといい死に方ができると思うのですが。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品整理のご相談ならロングテールジャパン

お勧めの記事

  1. 愛甲郡愛川町の様々な遺品整理関連に関する意見と感想をまとめました

  2. あきる野市の様々な遺品整理体験など感想をまとめました

  3. 横浜市西区の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  4. 鎌倉市の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  5. 北区の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  6. 伊勢原市の遺品整理様々な感想をまとめました

  7. 稲城市の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

  8. 横浜市中区の遺品整理様々な感想をまとめました

  9. 横浜市栄区の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

  10. 川崎市の遺品整理など様々な意見と感想をまとめました

TOP