小平市の遺品整理様々な感想をまとめました

小平市の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に小平市の遺品整理様々な感想をまとめました

小平市の遺品整理に伴う片付けの感想・1

我が家の近所に、有名なゴミ屋敷があります。

粗大ゴミの収集日には、その家に一人で住んでいるらしい60歳くらいの男性が必ず現れて、選ぶ基準はわかりませんが、いろいろと拾っていきます。
中には捨てた人が処分料を払ったものもあるはずですが、みんな見て見ぬふりをしていました。

そのゴミ屋敷は、家だけでなく敷地全体が家具や家電、車もあったように思いますが、さまざまなもので埋め尽くされ、まるでそこがゴミ捨て場のようです。

ある日、その家の主が亡くなったと聞きました。
市役所だか民生委員の人だかが見つけたそうです。
いきさつは詳しくわかりませんが、その家のゴミは撤去されることになりました。

当日、トラックが横付けされており、業者の人が何人か作業をしているのを見かけましたが、正直、何日もかかるだろうと思っていました。

ところが、その日の夕方、またその家の前を通りかかってびっくりです。

道を間違えたかと思ったくらい、あのゴミ屋敷はきれいさっぱり片付いていました。
敷地内の粗大ゴミはすべてなくなっており、玄関脇に積み上げてあった得体の知れないものも跡方もありません。
この分なら家の中も空っぽになっているでしょう。

聞いた話によると、片付けをした業者は遺品整理が専門ですが、こうしたゴミ屋敷の片付けも請け負っているのだそうです。
遺品整理をした上で、必要であれば遺族や親戚に形見分けとして送ってくれるサービスもあるのだとか。

そのあっぱれな仕事ぶりに、思わず業者の名前をメモしてしまいました。
実は、私にも別に住んでいる「片付けられない家族」がいるので、万一のときは遺品整理を兼ねて来てもらうつもりです。

小平市の遺品整理に関する色々な感想・2

夫が亡くなって数カ月がたちました。
いまだに現実のこととは思えず、気がつくと仏壇の前に座ってぼんやりしています。

ありがたいことに、娘夫婦や孫たち、私の姉妹や友人たちが、いろいろと声をかけてくれたり立ち寄っておしゃべりしていってくれます。
少しずつでも前に進まなければ、とまずは夫の遺品整理をすることにしました。
衣類や身の回りの小物を見るのはつらいことですが、このままにもしておけません。

でも、やはりダメでした。
何か手に取る度に思い出があふれ、泣けてきてしまいます。
片付けはちっとも進みません。

それに、夫はバイクが好きで、3台ほど所持していました。
これらも、廃車の手続きをして、処分しなければならないのですが、どうしたらいいのかわからず困っていました。
そんなとき、娘が「遺品整理の会社があるんだって。
バイクの処分もしてくれるそうだから、電話してみたら?」と教えてくれたのです。

そんな会社があるのかと電話帳で調べてみたら、いくつか見つかったので、自宅から近いところに電話してみました。
遺品整理とバイクの廃車手続き、処分をお願いした上で、「主人が大切にしていたバイクなので、乗ってくれる人がいれば譲りたい」とこちらの希望を伝えたところ、そちらも専門の業者を紹介してくれるとのことでした。

遺品整理もですが、なにより気になっていたバイクを満足のいく形で片付けられそうで、ちょっと気が楽になりました。
夫もきっと喜んでくれることと思います。

小平市の遺品整理関連で見た様々な感想・3

画家のアトリエがどんな風だかご存知ですか?
描く作品の大きさやタイプによっても違いますし、女性画家は比較的きれいにしているようですが、私の主人のアトリエはそれはもうすさまじい有様です。

描くのは最低でも50号以上の大きなものですし、さまざまな手法を試すので、壁や床は絵の具が飛び散っています。
使い終わった絵の具のチューブや古くなった筆や画材はその辺に放りだしておくので、床も汚れ放題で足の踏み場もありません。

画家と申しましたが、主人の絵は趣味に毛が生えた程度で、決してお金になるようなものではなく、アトリエも庭に作った小屋のようなものです。
アトリエそのものがアートになるとも思えません。

主人が元気なうちは仕方がありませんが、もし亡くなったら即撤去するつもりでおり、そのために今から遺品整理の業者をいくつかピックアップしています。
遺品整理と言っても、カンバスや絵の具など、特殊なものがほとんどですので、処分することになると思いますが……。
とっておきたい作品や、絵画仲間に形見分けしたいものもあるでしょうから、アトリエの片付けや掃除をメインにお願いすることになるでしょう。

最近は遺品整理の会社でもそうした業務を請け負ってもらえるとかで、助かります。

まあ、お世話になるのはできるだけ先になることを祈ってはいますが。

小平市の遺品整理行った上での感想・4

着道楽で、お茶とお華の先生をしていた祖母が亡くなって1年が経ちました。
長男(私から見れば叔父)と暮らしていたのですが、部屋一つがまるまるタンス置き場になっています。
何棹もある和ダンスの中には着物と帯がギッシリ入っていて、引き出しは帯締めや伊達衿などの小物で一杯です。
叔父はこれらをどうしたらいいかとずっと悩んでいました。
着物類は多分そこそこ値打ちのあるものばかりでしょうし、タンスそのものも桐のよいものです。
ただ処分するのは忍びないとよくこぼしていました。

最近になって姉が「コレ見て」とあるサイトを見せてくれました。
それは遺品整理を主にしている会社で、他にも家の掃除や片付けといったサービスがあります。
その中に、着物の買取業者を仲介してくれるという一文もありました。
きちんとした呉服業界の方が引き取ってくれるのなら、祖母の着物の価値もわかってくれるでしょう。

さっそく叔父に電話して教えると、「すぐ電話して来てもらってくれ」と言われました。

作業の当日、私たちは行けなかったのですが、後で聞いたところでは、買取業者の方も同行され、祖母の着物をいくつか見て、感心されていたそうです。
「すばらしいお品ばかりですね」とほめられ、嬉しかったと叔父が言っていました。

遺品整理の会社がタンスなどの家具もしかるべき業者に引き取ってもらえるよう手配してくれました。

祖母も、買い取ってくれるのがちゃんと見る目のある方なら喜んでくれると思います。

遺品整理の会社を見つけてきた姉と私も、叔父からとても感謝されました。

小平市の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

私の実家は借地に建っています。
詳しいことはよくわかりませんが、土地を返すときは家屋をすべて解体して、更地にしなければならないと聞いていました。

一人暮らしをしていた母が亡くなって1年が経ちました。
子どもの私たち兄妹もみな結婚して別に家を建てているので、もう実家に戻ることもありませんし、相談してこの際土地も返そうということになりました。

そこでまずは荷物の片付けのために、遺品整理の業者をお願いすることにしました。
調べてみると、最近は遺品整理の他にもさまざまなサービスを提供しているらしく、その中に家屋の解体を仲介してくれるとありました。
その情報だけでも収穫でしたが、場合によっては、売却や賃貸の相談にも乗ってくれるそうです。
家自体はまだ築20年ほどですし、ひょっとしたら壊さなくても貸しに出せるかもしれないので、それも合わせて聞いてみようと、その業者に連絡してみました。

すると、下見のために提携している不動産屋さんも一緒に来てくれるとのことなので、兄妹も全員集まることにしました。
条件が合えば、取り壊すのはやめるつもりです。

もし住んでくれる人がいるなら貸しに出すことは大歓迎ですし、母もきっと喜ぶでしょう。
遺品整理ももちろんその会社にお願いしようと思っています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品整理のご相談ならロングテールジャパン

お勧めの記事

  1. 小平市の遺品整理様々な感想をまとめました

  2. 横浜市瀬谷区の遺品整理様々な感想をまとめました

  3. 横浜市港北区の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

  4. 町田市の遺品整理など様々な意見と感想をまとめました

  5. 武蔵野市の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

  6. 高座郡寒川町の様々な遺品整理関連に関する意見と感想をまとめました

  7. 三鷹市の様々な遺品整理体験など感想をまとめました

  8. 横浜市泉区の様々な遺品整理関連に関する意見と感想をまとめました

  9. 松本市の様々な遺品整理関連に関する意見と感想をまとめました

  10. 横須賀市の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

TOP