練馬区の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

練馬区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に練馬区の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

練馬区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。
実は先日のことなんですが、初めて遺品整理業者というものを利用しました。
桶川市の実家で祖母のものをお願いしたんです。

某社さんというところで、母の知人が使ったことのあるところでした。
評判は良いみたいで、お願いするならここがいいよと母が推していました。

僕としては未経験のことなので、母の言うことには特に反対意見もありませんでした。
父も最初は渋っていましたが、それでも「評判の良いところなら」と納得したようです。

実際の作業としては納得いくもの、むしろ期待以上の仕事ぶりだったと思います。
というのも父は某社の作業を見ていて「お前も、彼らのような仕事をしていけよ」なんて僕に言うくらいでしたから。

僕は社会人になりたてです。
そんな僕にとっては確かに某社さんの作業は勉強になりました。
遺品整理そのものもすごい丁寧な作業なんですが、むしろ本質的なところを見習いたいと感じたんです。

礼儀、心遣い、敬意、ただ作業をこなすだけではできない部分。
人間として大切なものを感じさせてくれました。
人と人とが触れ合うことで人間は生きています。
僕も某社のような仕事ができるよう頑張っていきたいです。

練馬区の遺品整理に関する色々な感想・2

祖母と私はそれほど仲が良くありませんでした。
かなりワガママな人でしたし、あまり優しくしてもらった記憶もありません。
亡くなった時もそれなりの悲しみはあったものの、いまいち悲しみきれない部分もありました。
遺品整理中も「面倒だな」くらいに思っていたんです。

押入れを整理していて見つけたのは古いアルバムでした。
人のものを見る趣味はありませんが、遺品整理という性質上確認しなくてはいけません。
チラっと見るつもりで開いたアルバム。
私は目が離せなくなってしまいました。
そして涙が止まらなくなったんです。

そのアルバムは私が生まれてからの写真が詰まったものでした。
裏には一言ずつ言葉が記されていました。
どれもが私を応援するような言葉だったんです。
社会人になってからの写真の裏には「顔を見せないくらい忙しい、頑張ってる証拠!」って書かれていました。
私は祖母の本当の気持ちを知りました。

遺品整理をお願いしたのは某社というところ。
大切な人と分かった今、プロにお願いしてしっかりやってもらいたいという気持ちが芽生えたんです。
私たち遺族が故人に対してできる最後のこと、それが遺品整理。
祖母の気持ちを知り、私の気持ちを天国の祖母に伝えたい。
某社は私の心を汲んでくれているのか、非常に良い対応をしてくれました。

遺品整理は大切なことです。
意外な気持ちを知れるきっかけになります。
みなさんもぜひしっかりとやりましょう。

練馬区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

遺品整理はやらないよりも、絶対にやった方がいいです!これだけは絶対です。
実際私もやってみて「人間的に成長」できました。

埼玉県の桶川市の実家の遺品整理。
亡くなったのは祖父です。
物持ちが良い方だったのでそこそこ遺品の量がありました。
最初のうちは「ゆっくりやればいいんじゃないの?」くらいでしたが、父がこういうんです。
「おじいちゃんのためにもしっかりやらないとダメだ」と。
そんなものかなぁという気持ちでしかありませんでした。

業者を見つけてきたのは私です。
少しでも楽に作業を進めたかったからです。
某社というところは評判も良さそうだったのですぐにお願いしてしまいました。
父としては「お前が選んだところなら大丈夫だろう」なんて言っていました。

作業当日、某社のスタッフさんが遺品を運ぶさ中、私はポロっと涙を流してしまいました。
「どうしたんだろう?」と不思議に思いましたが、今ならわかります。
あれは祖父との別れを感じたための涙だったんですよね。

私は知りました。
遺品整理は故人と最後のお別れをする大切な儀式なんです。
遺品整理の某社はそのお手伝いをしてくれる人たちなんですよね。
慎重に丁寧に運ばれる遺品たち。
まるで葬送を見ているかのような荘厳な風景。
改めて私は涙を流してしまいました。

適当な気持ちだった私に喝を入れてくれた某社の遺品整理。
あれがなかったら今頃まだ適当な人間だったと思います。
人生って面白いものですね。

練馬区の遺品整理行った上での感想・4

遺品整理業者というのを使ったことがありますか?私は先日実家に帰って某社というところを利用しました。
父の遺品を整理するためです。

実家のある埼玉県桶川市に帰省した私。
遺品整理というのは気の重い作業でした。
まだまだ教えてもらいたいことはたくさんあったんですが、父はまだ60歳。
若くして他界してしまったんです。

それでもやらないわけにはいかないと心を強くして臨みました。
たまたまネットで見つけた某社という遺品整理業者。
素人の私たち家族だけでは心もとないと思いお願いすることにしました。
実際のところは、誰かに頼りたいという気持ちもあったのかもしれません。

某社の作業はとてもスムーズでした。
遺品整理というのは力仕事のイメージがありますが、むしろ逆です。
礼儀などをとても重んじるものなんだと知りました。
良く考えたら当然のことではあります。
葬式などと同じく、「故人の大切な遺品とお別れをする」という儀式なわけですから。
雑にするなんてもってのほかです。

丁寧な仕事ぶりの某社の姿。
粛々と進む遺品整理の儀式は涙なくしては見守れませんでした。
しかし同時に彼らは悲しみの半分を持って行ってくれました。
スッキリとした部屋は確かに寂しくはあります。
でも新しい空気が入る清々しさもあるんです。
悲しみを乗り越え、生きている私たちは新たな一歩を踏み出す。
某社は私にそんなことを気づかせてくれました。
感謝、ですね。

練馬区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

あまりに突然のことでパニックだったのは間違いありません。
実をいうと先日、母が急病で倒れそのまま亡くなってしまったんです。

本当に急なことだったので桶川市の実家には遺品がかなりの量ありました。
さすがに全部は残せず遺品整理をしなくてはいけませんでした。

あまりに突然のことで頭は真っ白です。
何をどう整理したらいいのかなんてわかりませんでした。

某社という業者は父が見つけてきました。
ネットで調べてしっかりしているところを探したとのことです。
私はもう任せるしかない、というか判断できないくらいの精神状態でした。

作業当日はそれでも落ち着いていたほうです。
荷物をまとめ、某社スタッフさんが運び出すといった作業。
ただボーっとしていたのか、大切な荷物を手渡してしまったんです。
すぐに気が付いたんですが、奥の方の段ボールです。
取りたくても申し訳ない気持ちもあります。
そんな私に気が付いたのかスタッフさんが「どうされました?」と声をかけてくれました。
事情を説明すると、嫌な顔せず奥の方から持ってきてくれたんです。

私にとって大切なブローチの入った母の宝石入れ。
これを無くしたら母も悔やむはずです。
ボーっとしていた恥ずかしさと某社さんのとっさの気遣いには感謝したいです。
父も散々頭を下げてくれました。
私の頭をポンとたたいて「良かったな、良い人たちで」なんて言っていました。
本当にそう思います。
感謝してもしきれません。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品整理のご相談ならロングテールジャパン

お勧めの記事

  1. 南足柄市の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

  2. 秦野市の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

  3. 福生市の様々な遺品整理体験など感想をまとめました

  4. 宇都宮市の遺品整理様々な感想をまとめました

  5. 練馬区の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

  6. 横浜市戸塚区の遺品整理を行った方様々な感想をまとめました

  7. 上尾市の遺品整理を行った方様々な感想をまとめました

  8. 台東区の様々な遺品整理体験など感想をまとめました

  9. 足立区の遺品整理など様々な意見と感想をまとめました

  10. 横浜市磯子区の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

TOP