大田区の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

大田区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に大田区の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

大田区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

私のおじいちゃんは、もう80を越えているのに本当に元気でしっかりとした人です。
最近は急にまた趣味を増やしたらしく、週末はパークゴルフに行くのが楽しみだそうです。

そんなおじいちゃんが家族を集めて急に「遺品整理」について話し始めたときには、ちょっと驚いてしまいました。
だってまだまだおじいちゃんは長生きをしそうだし、しかも本人が自身の遺品瀬理について話すなんて…正直面食らってしまいました。

おじいちゃんが言うには、これは「終活」の一環なのだそうです。
自分がどんな葬儀を挙げたいのかや、死後どんな風にしてもらいたいのかなどを生前に自分で決めておくことがその活動なんだそうです。

もちろん、自分のお葬式や死んだ後のさまざまなことを自分で決められるというのは、本人にとっては重要なことなんでしょう。
でも私が思ったのは、これはおじいちゃんの「優しさ」だな、ということです。

誰かの死んだ後って、とにかく大変です。
お葬式だけでもあんなにバタバタなのに、その上遺品整理だなんて…悲しくて辛い時期に、あんなハードなことをするのは大変です。
気持ちの整理もつけなくちゃいけませんし。

その点、おじいちゃんが提案してくれたのは専門業者への依頼でした。
こんなことにまで気の回るおいじいちゃん。
不謹慎なのかもしれないけど、ますます素敵だなぁと思いました。

大田区の遺品整理に関する色々な感想・2

つい先日見たテレビのニュースで、「遺品整理」という仕事の特集が組まれていました。
この仕事、読めばそれだけで内容がわかるかとは思うんですが、とにかく死んだ人の遺品を遺族に代わって整理してくれるというサービスです。

頭の硬い人なんかはきっと「遺品は家族が整理するものだろ!他人に触らせるだなんてけしからん!」みたいになっちゃうんだろうなぁ、と思いながら見ていました。
でも実際にそのサービスを受けている依頼者の顔を見ている内に、本当にこれは必要な仕事なんだろうと思うようになりました。

例えばもし、自分の家族の誰かが死んだ時を想像します。
この時、一番最初にしなくてはいけないのがお葬式の心配だと思います。
誰を呼ぶとかどこに連絡するとか、はっきり言ってよく分かりませんよね?きっと終わった後にはへとへとになってしまっていると思います。

しかしそれに追いうちをかけるような形で遺品整理がやってきます。
まだ気持ちの整理がついていないのに、遺品は整理できないよ…そうやって放置しておくと、いつまでも片付かないでしょう。
だからこその遺品整理業者さんなんですね。

とにかく整理は早いに越したことはありません。
もちろん当事者になった時にはそんなこと思えないかも知れませんが、今からでもそう思っておくことで、いざという時の備えになるかもしれませんね。

大田区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

この間、中々考えさせられる映画を見ました。
その物語の主人公の仕事は「遺品整理」というもので、これが結構なハードワークなんです。
でも、人と人との繋がりなんかもあったりして、結構素敵な職業に描かれていました。

正直僕は、こうした人の「死」を仕事にするというのはなんだか不謹慎だなぁくらいに思っていたんです。
そういったことはお坊さんくらいで十分といった感じに。
しかし実際には、遺品整理で困っている人は日本中どこにでもいるのでしょうね。

映画の中で主人公はさまざまなお家の事情に直面します。
これってほんと、毎日するには精神的にそうとうヘビーでしょうね。
でもその分だけ、遺族の方々への配慮とかはきっと完璧なのでしょう。
そりゃあ自分の家族が残した物を乱暴に扱われちゃ、困りますよね。
そうした気遣いも含めてプロなんだと思います。

もしも自分が死んでしまったときには、こうした業者さんを頼りにするよう家族に伝えようと思いました。
やっぱり妻や子に、より悲しい思いをさせる必要はありませんよね?誰かの手を借りるってのは、時には非常に大切なことだと思います。

大田区の遺品整理行った上での感想・4

どうしても自分では手が付けられないことってたくさんあります。
その度に、自分の無力さに気づくんです。
今回たったひとりの家族である父が死んで、思い知らされました。

私にとって父は父であると同時に、母親の代わりでもありました。
男手一つで幼い私を育ててくれた父。
今思い返しても、わがままな娘だったと思います。
でもそんな私のことを見捨てずに今日までしっかりと見守ってくれていた父は、本当に素晴らしい人だったと思います。

それに比べて私は、いつまでもうじうじと、父の遺品整理をできないままでいました。
もしも全てを捨ててしまったら、父との思い出すらも捨ててしまうことになるのでは?と思ってしまったからです。

しかし結果的にはそれは間違った選択でした。
どんどんほこりがかぶっていく父の遺品を見ていると、毎日父の「死」について考えさせられてしまうのです。

このままではいけない、なんとかしなくちゃ。
そう考えた時に知ったのが遺品整理の専門業者の存在です。
実はまだ迷っているのですが、なんとかこれで父の遺品整理ができそうな気がしています。
あと少しの勇気を振り絞って、連絡をしたいと思います。

大田区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

最近社会的に問題となっているのが一人暮らしの老人の「孤独死」です。
この問題は少子高齢化社会になった時には必ずクローズアップさせるもので、未だに解決の糸口が見えていないと行っても良いでしょう。

行政やデイケア等のサービスにはどうしても限界があります。
いくら注意を払っていても、何日も気づけない場合もあるそうです。

孤独死が判明すると、その後の処理も大変です。
どこかに身よりがあればよいのですが、家族がいない人の場合には遺品整理業者や清掃業者が入り、きれいさっぱりと後片付けがなされます。
もしろん、故人に敬意を払ってそんな乱暴な扱いはしませんが、なんだか人生の最期としては、考え深いものがあります。

特に最近、こうした「孤独死」後の遺品整理の仕事は需要を拡大しているとのことです。
ある意味でこうしたお仕事は、現代日本だからこそ求められるようになったものなのかもしれません。
遺品業者に限らず、今後人の「死」を扱う仕事というのは、より活発になっていくことが予想されます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品整理のご相談ならロングテールジャパン

お勧めの記事

  1. 小平市の遺品整理様々な感想をまとめました

  2. 前橋市の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

  3. 江戸川区の遺品整理様々な感想をまとめました

  4. 相模原市中央区の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

  5. あきる野市の様々な遺品整理体験など感想をまとめました

  6. 秦野市の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

  7. 墨田区の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

  8. 練馬区の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

  9. 大和市の遺品整理など様々な意見と感想をまとめました

  10. 横浜市栄区の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

TOP