平塚市の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

平塚市の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に平塚市の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

平塚市の遺品整理に伴う片付けの感想・1

ある遺品整理業者の採用に対する考え方について、少し考えています。
この業者の社長は、基本的に問合せの電話の段階でかなり落とすらしいです。
そこで見ているのは、礼儀やマナーだそうです。
電話をかけてくる時間帯など、そのあたりにも気を配れない人間では、遺品整理の現場で遺族や死んだ人に配慮することは到底できないからだそうです。
さらには近隣住民への配慮も無くトラブルを起こすんだとか。
確かに、仕事が仕事なだけにときには周りへの配慮も非常に重要かもしれません。

「こっちは仕事でこんなハードなことやってんだから、少しは黙って見てろよ」みたいな態度を近隣住民にとった日には、もう先が見えてますよね。
おそらくそういう周りへの気遣いが非常に重要な仕事なのかもしれません。

さらにこの社長は、書類も通過したら実際に面接をするらしいのですが、綺麗事は聞きたくないとハッキリおっしゃっています。
おそらくこの綺麗事とは、あくまで推測ですが「遺族のために!」「孤独死という社会問題に!」の類いではないかと思います。
確かに遺族への配慮は必要だけど、働くモチベーションにそれを持ってくる人間は、おそらく精神的にもたなくなってくるのではないでしょうか。
「なんで遺族の為にこんな辛い現場に」「社会問題なんか知らねーよ」となるほど過酷なんでしょう。
だから、やはり動機としては「とにかく金がいる」のようなシンプルな方が続くという意味では必要なのかもしれませんね。

平塚市の遺品整理に関する色々な感想・2

ある遺品整理業者の社長のブログを読んでいて、気になる点がひとつありました。
それが、給料はサラリーマン並みというらしいのです。
これは本当なのでしょうか。
この仕事の最大の魅力はその報酬にこそあると考えていたので、少し意外でした。

その社長に言わせると、この仕事が高給与というのは都市伝説だそうです。
確かに単価は高いそうですが、結局ところ売上の見込みが立てにくいことにネックがあるようです。
確かに来月100万売上げるぞと言っても、それは天のお導き以外に頼る術はありません。
確かに誰かが亡くなられたときにいの一番に声をかけてもらえる営業努力も必要かもしれませんが、職業柄過度なセールスはかえってイメージをさげてしまいます。

もちろん労働時間も常にバラバラ。
決まって朝の9時から夕方17時のサラリーマンタイムに誰かが死ぬと決まっているわけではありませんからね。
そういった事情もあり、単価が良くても定期的な仕事の確保や、安定したワークライフバランスとの兼ね合いから売上を上げられないようです。

どうやらこの仕事につこうと思うと、そういったプライベートなどにもある程度の犠牲を払わなければいけないようですね。

平塚市の遺品整理関連で見た様々な感想・3

遺品整理の仕事というのは、どうもネットでは裏バイトなどという呼称でも呼ばれているみたいです。
いわゆる昔話題になった「遺体洗い」などの病院での仕事と同じカテゴリですね。
道理でなかなか仕事が見つからないわけです。
といってもそこはもちろんオブラートに包みながら何とかして人を集めようという会社もあります。

C社は実に典型的です。
事業内容をつらつらと書き連ね、最後の最後に「遺品整理など」と加えています。
「いやもうそこが狙いなんちゃうの」と思わず突っこまずにはいられない原稿です。
なんでそこまで隠そうとするのでしょうか。
どうせ採用すればいずれはそういう現場に行くのですから、言ってしまえばいいのにと思います。

言わないと仕事内容を理解していない人たちがたくさん応募してきて、かえって面接時間などに労力をさくだけだと思うのですが。
まずは人を集めて、そこからお会いして説得したいのでしょうか。
説得ぐらいでヤル気になった人が続く仕事かどうかはご本人らが一番わかってると思うので、案外とりあえず隠して人を集める手法も効果があるのかもしれませんが。
個人的にこういう、仕事内容を事前にハッキリさせず応募者を捕まえる手法は、人としてどうかと思いますが。

平塚市の遺品整理行った上での感想・4

遺品整理の求人広告というのは、なかなか一般の目には止まらないもののようです。
そこで直接企業サイトのほうへ飛んでみました。
もちろん企業サイトになれば、だいたいのことは仕事の内容もわかってしまうので、隠すも隠さないもありません。
ただどう訴求していくのかは、求人サイトや雑誌に載っている広告と同じ課題かもしれませんね。

某企業サイトでもやはり、いわゆる綺麗事というのはかなり見られます。
ただそれは仕方のない事だと思います。
もちろん遺族の方々もサイトを見るわけですから、明らかに「高給期待!」や「稼げます!」という文句を大々的に打ち出すのは不謹慎というもの。
往々にして誰もやりたがらない仕事というのは、給料が高くなるのは当たり前のことですから、そんなことはおそらく遺族も自分たちがお金を払っているわけですから重々承知のはず。

であれば打ち出すべきコンセプトは、誰のための仕事なのかということを改めて訴求することで、この遺品整理という仕事にお金以外のやり甲斐や魅力を加えてやる必要があるのかもしれませんね。

平塚市の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

遺品整理の仕事を求人という視点からいくつか見ていきましたが、例えば皆さんがもし遺品整理の仕事をするときがくるとすれば、一体どんなときだと思いますか。
お金が必要なとき?誰かの死に立ち会い死に対する免疫ができたとき?強い興味を掻き立てられたとき?
おそらく一生遺品整理の仕事に携わることはないと思われている方々がほとんどだと思います。
しかし実際は遺品整理の会社の事務員や営業、経理など他の部門の募集は多くあります。
そこでも「そういう仕事をしている会社」自体に嫌悪感を抱いてしまうのか、そこは気にせず働くことができるのか。
そこもまた難しいところだと思います。

しかし遺品整理という仕事に携わっている方々は私たちと何ら変わりはありません。
私たちが深く考え過ぎているだけかもしれません。
どうでしょう?一度インターネットなどでもいいので、どういった仕事かを表面的ではなく理解することから始めてみてはいかがでしょうか。
イメージと実際は全く異なるものかもしれませんよ。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品整理のご相談ならロングテールジャパン

お勧めの記事

  1. 鎌倉市の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  2. 府中市の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

  3. 川口市の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

  4. 綾瀬市の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

  5. 日野市の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

  6. 茅ヶ崎市の遺品整理など様々な意見と感想をまとめました

  7. 江東区の遺品整理を行った方様々な感想をまとめました

  8. 横浜市瀬谷区の遺品整理様々な感想をまとめました

  9. 横浜市旭区の遺品整理など様々な意見と感想をまとめました

  10. 川崎市中原区の遺品整理様々な感想をまとめました

TOP