川崎市宮前区の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

川崎市宮前区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に川崎市宮前区の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

川崎市宮前区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

遺品整理について考えてみて、私はあまり他人に物をベタベタ触られたくないことに気づいたんです。
それでその思いのもとが何だろうと突き詰めていくと、他人に見せたくない秘密の部分があるからなんですね。
それがいま思いつくところで4つくらいあります。
そのうちの2つは解決法を思いつくことができました。
そうすると心の中がすっきりしたんですよね。
あと2つはまだ解消されるまでは遠い道のりなので、完全スッキリまでは厳しいです。
それでもいつかはそういう境地にたどりつきたいですね。

それで思ったんですけど、秘密を持っているのはそれだけで気持ちを重くするものですね。
天真爛漫でいられなくなる…そんな感じです。
だからなるべく人に言えないようなことをするのは、自分にとってあまり良くないんでしょうね。
そこを見てみぬふりをして、秘密ばかりを蓄えていったら息を詰まらせてしまうのでしょう。

しかし人生ってままならないもので、周囲に秘密にしたいことをどうしてもやりたいという気持ち。
周囲の人を傷つけたくない気持ちがせめぎ合う時があります。
そうやって迷っているときは、毎日気分によって決断が変わってしまいがち。
こういう時は今すぐ決断をすべきではないと思って、保留しています。

川崎市宮前区の遺品整理に関する色々な感想・2

遺品整理の時に、亡くなっていた人がこっそり残していた遺書がぽろっと発見されたりすることがあるんでしょうね。
そこに遺産の相続についての希望が書いてあると、きっと親族中がザワザワするんでしょう。

お金がまつわる人間関係ってすごく嫌ですよね~。
できることなら一生関わりたくないものです。
100パーセントの納得がいっての遺産相続なんてあるんでしょうか?いや、絶対ない。
親戚の数が増えるほどないだろう。

私は割と集団行動が苦手でした。
小・中学校の遠足なんかはあまり楽しいと思ったことはないですね。
高校からは自由がきいたから楽しかったですけどね。
先生が右と言ったら右をむいて、左に歩けと言ったら左に進んで…すごく窮屈でした。
みんなと考え散ることが違ったらしく、「え?」と言われることが多くてちょっと息苦しかったですね。
関係ないかもしれないけど塗り絵もかったるくて嫌いでした。
決まった枠の中に大人しく色を塗り込む作業に、何だか猛烈にイライラしてしまうのです。

集団世界は多様性を認めません。
でも大人になっても社会ってそういうものだから、訓練施設としてはちょうどよかったのかもしれない。
会社勤めをするにも空気を読まないと、生き残れないですもんね。
だから表面には出していないけど、みんな何を考えているかは分からない。
こわいこわい。

川崎市宮前区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

私は整理整頓が下手な人間で、最近になってやっと片付いていることの便利さを覚えた人間です。
だから今親族で誰かが亡くなったとして、遺品整理に呼ばれても大して役に立てないでしょう。
引き出しの中に仕切りを作るとすっきりするとか、職場のパートのおばちゃんの動きを見て今年ようやく知りました。
便利ですよね、仕切り。

それでなんで私はこんなに片付けに関して下手くそなのかと考えると、両親もあまり部屋をきれいにしているタイプではないんですよね。
きれいにしろ、片付けろとは言われているけど、彼らもズボラにモノを収納している。
父なんか嫌がる私を泣かせてまで片づけをさせたのに、床に寝そべってリンゴを食べてあたりをベタベタにしていました。
全然説得力がないんだな。
だからそんな人たちにキレイを強要されても、逆らいたくなっちゃったんですかね。
学生時代は散らかしまくりでした。

それで整理整頓のできなさと同じに、計画性のなさをよく注意されます。
これは今でもですね。
先を見通す力がなくて、行き当たりばったりだそうです。
確かにそういうところはありますね。
何とかなるさの能天気なところが。
ポジティブと捉えればいいのですが、それに怠け者特性が加わるからたまにマズいことになるんでしょうね。

川崎市宮前区の遺品整理行った上での感想・4

私は独身を今のところ貫きたいと思っています。
どうしても結婚してでもこの人と一緒にいたい!と思える人がいるのであれば、もしかしたらこの先は分からないですけどね。

だから私がもし死んでしまったとしたら、葬儀屋ら遺品整理は誰がやるんだろうな~と思う訳ですよ。
恋人や親しい友人がいたら、彼らがやってくれるんでしょうね。
でももし孤独な人生を歩んでいたら、業者頼り?それはちょっと寂しいですね。
変死体で発見されそうなのも嫌です。

どこかの独身ライターが書いていました。
シングルを貫き通す気があるのなら若かったころ以上に心を開け、と。
やはり容貌の衰えなんかがあって、何もしなくてもチヤホヤされることは少なくなるそうなんです。
だから自分から歩み寄っていかなければ、新しい人間関係は作りにくいとのこと。

でもこういう意見もあるんです。
容姿や年齢で判断するような薄っぺらで煩わしい人間関係は減るよって。
これは楽しみですね。
特に婆になったら本当の男友達ができると聞いてワクワクしています。
これはモテ自慢とかではないんですけど、私は異性との友人関係が続きにくいんです。
「友達として仲良くやっていけると思ったのに、私に気を持たないでくれよ~」という出来事がちょいちょいありました。
これが解消されたら楽だな~。

川崎市宮前区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

遺品整理や納骨やら私が死んだ後のことは、その時一番親しい人にお任せしたいなという気持ちがあります。
両親が生きていたら彼らが有力だけど、その可能性は低いでしょう。
寿命的に。

それで、もしかして今付き合っている人かな~なんて想像してみたんです。
しかしイマイチしっくりこない。
一緒にいて楽しいけど、本当の愛ではないかな~と思います。
お互いに寂しさを埋め合う相手が欲しくて、引き合ったんじゃないでしょうか?だからもし自分が年月を重ねるごとに自立して満たされていったら、会う必要がなくなってしまうんじゃないかなぁと感じるのです。
本当の愛って「ありのままを受け入れること」と聞きました。
もし相手に何かをしてあげても、何か見返りを求めてのことだったらそれは偽物なんだそうです。
今の私たちの関係は完全にギブ&テイク。
なかなか難しいですね。

だってそのままを許せて、見返りを求めない恋人なんか今までにいたでしょうか?友情でもそれが怪しいところがあります。
むしろ本当の友達のほうが数は少ないですね。
何十年生きてきて数人しか作れないのだから、恋人なんてもっと厳しいかもしれません。
だって友達の数に制限はないですけど、恋人は1度に付き合える人数が限られているじゃないですか。
本当の愛を手に入れるのは、まだまだ先のようです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品整理のご相談ならロングテールジャパン

お勧めの記事

  1. 国分寺市の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

  2. 小田原市の遺品整理を行った方様々な感想をまとめました

  3. 北区の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  4. 横浜市神奈川区の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

  5. 相模原市緑区の様々な遺品整理体験など感想をまとめました

  6. 甲府市の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  7. 海老名市の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

  8. 川崎市麻生区の様々な遺品整理体験など感想をまとめました

  9. 川崎市幸区の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  10. 墨田区の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

TOP