相模原市緑区の様々な遺品整理体験など感想をまとめました

相模原市緑区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に相模原市緑区の様々な遺品整理体験など感想をまとめました

相模原市緑区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

つい先月の話ですが、祖母が急に倒れそのまま逝ってしまいました。
つい先日ひ孫の顔を見せたばかりなのに…そんな気持ちでいっぱいでした。

神奈川県鎌倉市に住んでいた祖母は、一人暮らしをしていました。
私は仕事場から近いこともあって良く顔を出していました。
私の娘もよく連れて行きましたし、本当に楽しい想いでばかりです。

遺品整理はとてもきつかったです。
思い出の品があまりにも多すぎてしまったんです。
私の子供時代のお絵かきもありました。
もう何十年と前の話です。
そして娘が描いた祖母の絵もありました。
可愛らしい子供の字で「おばあちゃん」って書かれていました。
こんなものまで大事にとってくれて…本当に嬉しくも悲しい気持ちでいっぱいでした。

こうした大切な品々をどう遺品整理しよう。
そう思ったのが某社を探すきっかけでした。
正直いって自分たちだけではどうしようもないと思いました。
ネットをくまなく探して出てきたのが某社。
悩んでいても仕方ないと思い、頼むことにしたんです。

悩んだ甲斐あってか、某社の対応はとても満足できるものでした。
ちょっと上から目線ですが、「ここまでやってくれるとは」という気持ちになりました。
マニュアル云々ではなく、「人として優れている」そんなスタッフが多いのでしょう。
こういう業者が増えてくれれば、日本はもっと豊かになれる。
そう思いました。
某社さん、ありがとう。

相模原市緑区の遺品整理に関する色々な感想・2

あまり私はワガママをいう方ではありませんでした。
でも祖父の遺品整理だけは、「私が仕切りたい」と申し出ました。

祖父のお葬式が終わって1ヶ月。
遺品整理を開始しました。
私はおじいちゃんに本当に可愛がられていました。
20歳を過ぎて一緒に飲めるようになってからは合うたびに「飲め!」と言われていました。
「孫と飲むのが夢だったんだから」と。

遺品整理をするのに「大切に扱ってくれる業者」を優先するべきだと考えました。
というのも以前友人が「ひどい遺品整理業者にあった!」と嘆いていたからです。
しっかりしたところを選ばないと「最後の別れ」が「最悪の別れ」になってしまうと思ったんです。

某社は私の中でいろいろな基準をクリアーした優良業者でした。
HPや対応の数々、とにかく「人間味」のあるところだと感じられました。
おじいちゃんはよく私に言っていました「人というのは人情が一番大切だぞ」と。
某社には「お仕事」としてではなく「人情ある対応」を期待していました。

私の期待に応えてくれた某社。
当日は本当に良くしてくれました。
遺品を丁重に扱う、それは当然のことです。
それ以上に故人への敬意、遺族への心遣いそういうところが大切だと思います。
某社はその点において本当に合格点、いや満点以上の対応をしてくれました。
「おじいちゃん良かったね」そう思いながら遺品整理ができました。
某社には感謝したいと思います。

相模原市緑区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

遺族が故人のためにできる最後のことはなんだか知っていますか?それはたぶん、遺品整理です。
私がこの考えにいたったのにはワケがあります。
それは某社というとても良い遺品整理業者に出会えたからです。

正直言って当初は「遺品整理なんてやりたくない」そう思っていました。
父のものを整理するなんて、本当に嫌だったんです。
精神的にもかなりまいっていたと思います。
それでも母は「お父さんのためにできる最後のことだから」と言って、黙々と作業していました。

そのひたむきな姿に心を打たれ、私も何かお手伝いをしようと思いました。
ネットで遺品整理業者を探すということです。
かなり多くの業者があるようでしたが、評判の良い某社を選びました。
実際、対応も良くて「安心できる」と確信できたのもありました。

当日も本当に良かったなと思えたんです。
嫌だという気持ちと「父のため」という気持ちが入り混じりながら行った遺品整理。
スタッフさんたちはそんな思いのこもった荷物を慎重に丁寧に運んでくれました。
優しいお言葉もかけてくださったのも印象的です。

誰でも大好きな人が亡くなるのは嫌なことです。
遺品整理なんて本当はしたくありません。
でも「気持ち良く故人を送る」これが生きている私たちにできる最後のことです。
某社さんとの触れ合いでそれに気づくことができました。
価値ある出会いに心から感謝したいと思います。

相模原市緑区の遺品整理行った上での感想・4

私の実家、神奈川県鎌倉市で先日、遺品整理をやってきました。
亡くなったのは祖母です。
年に数回は顔を見せていましたが、いざ亡くなると「なんでもっと顔を見せなかったんだろう」という気持ちにさせられてしまいました。

もちろん悔やんでいても祖母が生き返るなんて奇跡はありません。
亡くなってしまったからこそ、私たちは粛々と遺品整理をしなくてはいけません。
だってそれこそが最後の手向けになるわけですから。

でも本当に遺品整理って辛いものですよね。
品々にはいろいろな思い出が詰まっています。
「私があげたカンザシ、まだ使ってくれてたんだ…」なんてしみじみと思い、涙があふれてきてしまいました。
もういないんだなと思うと本当に寂しい気持ちでいっぱいです。

某社さんにお願いしたのは父です。
知り合いから「丁寧な仕事ぶりだよ」と勧められたのだそうです。
遺品整理にも業者があるのかと私は少し関心してしまいました。
それと同時に「他人に任せていいの?」とも思いました。
大切な祖母のものですから、大事にしてほしいので。

でもけっきょく良かったと思います。
仕事ぶりはとても真面目で丁寧。
むしろ、人としてすごく尊敬できるような振る舞いをされていたと思います。
遺品整理はデリケートなことですから、教育もしっかりされてるんだと感じました。
そして一人一人の意識が素晴らしいものだったんです。
人間味あふれる仕事ぶりには本当に感激です。
こういう業者が増えればきっと優しい社会になるんだろうなって思います。

相模原市緑区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

まさか自分の息子が私より早く亡くなるなんて夢にも思いませんでした……。
元々体の強い子ではありませんでした。
でもまだ25歳。

神奈川県鎌倉市の自宅で早すぎる死をむかえました。

もう1年が経過しました。
そろそろ遺品整理も考えなくてはいけないころになっていました。
妻は少しずつですが行っていて、大きなもの以外はある程度まとまっていました。

「ありがとう」そう妻に言うと「いいの、いいの…」と寂しそうに答えました。
私が辛いのと同じだけ彼女も辛いはず。
それでも無理をして頑張る妻の姿。
遺品整理を一人でさせてしまったことに私は後悔で胸がいっぱいでした。

某社に頼んだのはそのことがきっかけでした。
大きいものは個人では難しいのもあります。
それにちゃんとしたところにお願いしたい。
息子をしっかりと送ってやりたい。
何より「妻にこれ以上苦労をかけたくない」そういう思いがあったんです。

当日は二人で泣きました。
1年前とはいえ、まだ昨日のようのことに思い出されます。
そんな大切な品々を某社さんは丁寧に丁寧に扱ってくれました。
心優しい言葉もかけてくださり、私たちはまた涙しました。

「本当にお別れなんだな」という思い、「良い人たちで良かった」という安堵、「新しい人生を歩む」という決意。
いろいろな想いがあります。
某社さんを選べたことは本当に幸運でした。
感謝したい気持ちでいっぱいです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品整理のご相談ならロングテールジャパン

お勧めの記事

  1. 藤沢市の遺品整理を行った方様々な感想をまとめました

  2. 北区の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  3. 横浜市金沢区の様々な遺品整理体験など感想をまとめました

  4. 目黒区の遺品整理様々な感想をまとめました

  5. 千代田区の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  6. 渋谷区の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

  7. 川崎市多摩区の様々な遺品整理体験など感想をまとめました

  8. 横浜市戸塚区の遺品整理を行った方様々な感想をまとめました

  9. 横浜市青葉区の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  10. 狛江市の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

TOP