相模原市の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

相模原市の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に相模原市の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

相模原市の遺品整理に伴う片付けの感想・1

遺品整理という仕事が最近注目を浴びていたようです。
きっかけは映画として公開された「アントキノイノチ」でしょう。
この中で主人公である杏平はさまざまな「イノチ」と出会います。
その中で、たくさんのものを学んでいくというストーリーです。

この映画の影響もあり、遺品整理は広まりました。
しかしまだまだ、その本当の大切さについて知らない人が多いのが現状かもしれません。

自分の大切な家族の遺した物を、他人である業者が片付けていくのは耐えられない。
そう感じる人が多いと言います。
確かに自分に置き換えてみても、できれば一品一品、自分で確認しながら整理を進めたいものですよね。
特に故人と関わりが深かった人の場合、いつまでも片付けができず、部屋や家がそのままになってしまうケースが多いのだとか。

もちろん、それぞれに考えかたがありますから、一概に遺品整理をするのが正しいとは言えません。
しかし、整理を行うことで、人生を前向きに捉えることが出来たという人が多いのは事実。

時は止まりません。
亡くなった人と同じ時間をすごすことは出来ないのです。
一歩でも前に進むためには、こうしたサービスを利用することも大切なのかもしれませんね。

相模原市の遺品整理に関する色々な感想・2

人の死はあまりに突然なものです。
昨日まで元気そうにしていたパートナーが一瞬にして帰らぬ人となるケースは、人ごとではありません。

こうなってしまったとき、遺された家族の心中というのは想像を絶する悲しみに見舞われます。
心の準備もないままに愛する人を失うのですから当然ですよね。

しかし、準備が出来ていないのは家族の心だけではありません。
故人の家や部屋もまた、主の不在を予期はできないのです。

こうしたものの整理というのは、遺族からするととてつもない苦痛に他ならないでしょう。
故人の死を正面から受け止めなくてはなりませんから、すぐにという訳にはいかないのです。

そんな時に頼って頂きたいのが「遺品整理業者」です。
他人に自分たちの愛する家族の遺品を触って欲しくない、と考える方もいらっしゃるでしょう。
しかし、いつまでも遺品をそのままにしていては故人も浮かばれません。

遺品整理に関しては、業者はプロです。
遺族を傷つけるような振る舞いは絶対にありません。
むしろとても丁寧に作業を行ってくれるはずです。

人生においてそうそうない「家族との別れ」こんな時くらい、誰かの手を借りてみるのも良いのではないでしょうか?

相模原市の遺品整理関連で見た様々な感想・3

妻が遺してくれたものはたくさんありましたが、その中でも最も素晴らしいものはやはり「思い出」だったんだと思います。
正直、息子たちから「遺品整理」を勧められたときは、妻との思い出を剥奪されてしまうようでとても不安な気持ちになりました。
しかし、遺品整理を終えて思ったのは、「物がなくても心は残る」ということでした。

妻はきれい好きでしたから、いろいろな物がしっかりと整理されていました。
業者さんも、「こんなにキレイな部屋は珍しいです」と言ってくれ、なんだか嬉しかったです。

そして彼女の部屋がすっかりキレイなった時、驚くことに私の心はとても晴れやかなものでした。
目を閉じれば、彼女と過ごした数十年を思い出すことが出来たからです。

遺品整理をしてしまうと、妻との思い出が消えてしまうのではないかという不安はすっかり消え失せてくれました。
その変わり、いつでも自分の中に彼女は生きているんだという事実をしることにも繋がったのです。

愛する人と別れることは、もちろんつらいことですが、避けては通れないことです。
この時、どうやってその悲しみを乗り越えるかが大切だと言えるでしょう。
そのきっかけとして、遺品整理を利用するのは、ひとつの手と言えます。

相模原市の遺品整理行った上での感想・4

友人が亡くなったのは先月のことです。
彼とは昔からの腐れ縁というか、なんだかんだでいつも一緒にいました。
それこそ小学生の4年生の時に同じクラスになったのがきっかけですから、もう20年来の友人です。

死因についてはしっかりと聞いていませんが、とにかく昔からもっていた病気が再発したのがきっかけだったとか。
親友だと思っていたのに、そんなことすら知らなかったのかと、なんだか恥ずかしくなりました。

最近、彼のお母さんから手紙が届いたんです。
内容を見てみると、どうやら先日遺品整理を業者に頼んだときに、僕が彼に貸していたものが出てきたから取りに来ないか?というものでした。

久しぶりに訪れた彼の部屋は、遺品整理のおかげか綺麗さっぱり物がなくなっていました。
遺品整理を決断されたご両親は立派だな、と思わされましたね。

そして受け取ったのがなんと少年野球時代の軟式ボールでした。
マジックで僕の名前が書かれています。
こんなもの、なんで取ってあるんだよ、と少し笑い、その後涙がボロボロ溢れてきました。
あぁ、あいつ本当に死んじゃったんだな。
その瞬間、ようやくそう思えたんです。

相模原市の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

自分の死んだ後、遺族に遺せるのは資産や言葉だけではありません。
「遺さない」という気遣いも、遺してあげることが出来ます。

遺品整理というものをご存じでしょうか?亡くなった人の部屋などを綺麗に整理・清掃してくれるサービスです。
こうした行為は基本的に家族がするものなのですが、どうしても手が付けられない、そのままにしておきたいと思ってしまう方も多いようです。

しかし、自分の死後、いつまでも家や部屋を片付けられないのにはやはり問題があると言えます。
遺族にはまだまだこれから、人生が長く続いていくわけですからね。
自分のことは忘れて、早く笑顔を取り戻して欲しいと思いませんか?

その為に、遺品整理をあらかじめ予定しておくことが「遺さない」という気遣いです。
遺書や手紙などで、あらかじめ業者を指定しておき、自分が死んだら連絡をするように書いておくのです。
こうしておけば、遺族の悲しみを少しでも短くしてあげることが出来るのではないでしょうか?

もちろん、あなた自身が長生きすることが最高のプレゼントです。
いつまでも健康に気を遣って、家族とともに健やかな人生を送ってください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品整理のご相談ならロングテールジャパン

お勧めの記事

  1. 厚木市の遺品整理を行った方様々な感想をまとめました

  2. 川崎市の遺品整理など様々な意見と感想をまとめました

  3. 杉並区の遺品整理など様々な意見と感想をまとめました

  4. 台東区の様々な遺品整理体験など感想をまとめました

  5. 伊勢原市の遺品整理様々な感想をまとめました

  6. 港区の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

  7. 相模原市の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

  8. 戸田市の遺品整理など様々な意見と感想をまとめました

  9. 横浜市西区の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  10. 海老名市の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

TOP