三浦市の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

三浦市の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に三浦市の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

三浦市の遺品整理に伴う片付けの感想・1

私と父は昔から、少し壁があったというか、お互いにシャイだったというか…別に嫌いなわけではないんです。
かといって大好き、という訳でもない。
そんな微妙な関係でした。

ですから父が死ぬ間際でも顔を中々出さないで、なんだか他人のような別れをしてしまったこと、いまでも後悔しています。
もっとしっかり、お父さんって呼んであげればよかったなって。

そのきっかけになったのが、遺品整理の時だったんです。
友人が業者さんを紹介してくれて、それでお仕事を頼むことになりました。

前述した通り、父とは疎遠だったものですから、そこまで遺品に執着もしていませんでした。
でもさすがに、自分の手で捨てたり片付けたりするのには抵抗があったんです。

業者さんは要るものと要らないものをしっかり丁寧に分けてくれました。
その中に、父の日記があったんです。
それはずいぶん昔のものでした。
中を見てみると、ちょうど私が生まれた頃のものでした。

はじめて立った、はじめて言葉を喋った、風邪を引いた、お箸を渡すと笑った、など…

涙があふれて止まりませんでした。
遺品整理のおかげで、こんな素敵な父に出会うことが出来ました。
父はしっかり、私を愛していてくれたんですね。
それが知れただけで、私はもう嬉しくて嬉しくて…ありがとう、お父さん。

三浦市の遺品整理に関する色々な感想・2

兄はとにかく片付けると言うことが苦手で、それは無くなる間際まで変わらなかったようでした。
だから彼が残した遺品を整理しなくてはいけないという時、目眩がする思いだったんです。
ですがこのままにしてはおけませんから、なんとかしなくては…

兄との思い出はたくさんありましたから、正直自分ではどうすることも出来ないといった所が本音です。
でも自分にも家庭がありますし、兄の荷物を自宅で保管するわけにもいきません。
でも全てを確認もなしに捨ててしまうと言うのは、自分の手では不可能。

そう思った時に頼ったのが遺品整理の業者さんでした。
こういうことってプロに相談するのが一番なんですね、やっぱり。
いい加減な仕事をされるのでは?という不安もありましたが、作業を見ているとそんな気持ちはすっかりなくなっていきました。
本当に丁寧に、気遣いもしっかり。
心配りがとても嬉しかったです。

すっきりした兄の部屋を見て、わたしも心のもやもやが一掃されました。
遺品整理って、死んだ人の身の回りをキレイにするだけじゃなくて、残された遺族の心もキレイにしてくれんだなぁと感じました。

三浦市の遺品整理関連で見た様々な感想・3

僕は昔から母に対して甘えっぱなしで、子供のころは時分がマザコンなんじゃないかって本当に心配してしまうほどでした。
ですが社会人になり、結婚もして子供も生まれて。
それからはだいぶ親離れできたんじゃないか?って思っていたんです。

ですが母が突然亡くなった時、まだまだ依存していたんだなと思い知らされました。
バタバタと葬儀を終え、ぽっかりと空いた時間に、母の遺品整理について考えなくてはいけないタイミングがついにきてしまったんです。

それまでは、とにかく忙しかったですから、遺品整理は後回しに考えていたんです。
全てが終わってからゆっくりと…それくらいに考えていたんですね。
ですがいざ取りかかろうとすると、まるで手が進みませんでした。
母の遺した数々のもの。
息子がこれを整理するのって、精神的にどうしようもなく辛いものなんです。

だからいっそのことと想い、業者さんを手配したんです。
もう乱暴でもなんでも良い。
とにかく綺麗さっぱり、母との思い出も何もかもなくしてくれって思ったんです。

でも、実際はそんなひどいものではありませんでした。
むしろ業者さんは本当に丁寧に仕事をしてくださり、僕への気遣いまで…とても感謝しています。

今ではようやく、本当の意味での親離れができたんだなと感じています。
お願いして良かった…ありがとうございました。

三浦市の遺品整理行った上での感想・4

私の大親友にとてつもない悲劇が起こったのは2年も前のことです。
彼女のお父さんとお母さんが交通事故でなくなりました。
それも過失はすべて、相手側にあったとのことです。
賠償だなんだってのは別として、家族が大好きだった親友にとって頭を悩ませたのは遺品整理。
大好きなお父さんとお母さんとの思い出をゴミ袋に詰めてしまうってことに、やはり相当な抵抗があったとのことでした。

彼女は結局、数ヶ月の間部屋の片付けができなかったようです。
気持ちは良くわかります。
だって、自分のものですら、簡単に捨ててしまうのは難しいもの。
それが家族のもので、なおかつ死んだ人のものとなると、どうしたら良いものかわからなくなってしまいますよね?

見かねた私が提案したのは、遺品整理業者さんへの電話でした。
とにかくもう、自分でなんとかしようと思ってはいけない、と伝えたんです。
このままでは彼女自身の心が壊れてしまう。
そんな危うさを、いつも感じていましたから…

遺品整理が済んだ後の彼女は、それはそれは活き活きとした表情を見せてくれました。
きっと、心の中がすっきりしたんですね。
業者さんは彼女の両親の荷物だけでなく、彼女の気持ちまでしっかり整理してくれたようです。
友人として、とっても嬉しい想いでした。

三浦市の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

いつの事だったかしっかりと覚えてはいませんが、昔父がこんなことを言っていました。

「もしも俺に何かあったら、遺った荷物は全て捨ててくれて構わない。
とっておいても仕方ないからな。
物っていうのはそういうものだ。

その時の私は、正直この言葉に実感が持てずにいました。
だって父はまだまだ若かったですから、亡くなるなんて事に現実味がなかったからです。

ですが、やはり人生というのは何が起こるか分からないです。
本当にぽっくりと、父は脳卒中で他界をしてしまいました。

前述した父の言葉を、私は実行しようと思いました。
言われたとおりにすることこそが、彼の望みであると考えたからです。
ですが実際に手を付けてみると、こんなに精神的に辛い物だとは思いませんでした。

特に父の場合は、自分の死期を悟っていたわけではありませんでしたから、やりかけの物ばかりが部屋に転がっているんです。
磨きかけのゴルフクラブや、シンクにたまったままの食器。
パソコンの中には、今年の年賀状のファイルがデスクトップに置き去りになっていました。
ああ、この部屋には父がまだ生きている…そんな風に思ったが最後、自分ではどうすることも出来なくなったんです。

結局私は、遺品整理業者さんにお仕事を依頼しました。
きれいさっぱりと片付いた部屋を見て、心底ほっとしました。
遺族にとって遺品整理ほど辛い物はないんだな、と実感した出来事です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品整理のご相談ならロングテールジャパン

お勧めの記事

  1. 福生市の様々な遺品整理体験など感想をまとめました

  2. 千代田区の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  3. 荒川区の遺品整理を行った方様々な感想をまとめました

  4. 西東京市の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  5. 練馬区の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

  6. 厚木市の遺品整理を行った方様々な感想をまとめました

  7. 川崎市多摩区の様々な遺品整理体験など感想をまとめました

  8. あきる野市の様々な遺品整理体験など感想をまとめました

  9. 横須賀市の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

  10. 甲府市の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

TOP