横浜市青葉区の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

横浜市青葉区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に横浜市青葉区の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

横浜市青葉区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

最近では、何でもかんでもコンパクトにまとめることができるようになってきました。
それに大いに貢献しているのが、スマートフォンです。
これ一つあれば本も読めるし、たくさんの書類や写真をデータとして保存できます。
だから部屋に置く荷物の数が減って、シンプルで身軽な暮らしができるようになりますね。

今後もそういう技術はどんどん進んで、ますます人々は身軽になっていくのではないでしょうか?私はあまり大荷物を持って行動をするのが好きではありません。
体力がないからかすぐに肩がこるし、疲れてしまうんですよね。
だからそういう科学技術の発達にはかなり期待をしています。

人が物を持たなくなってくると、どういう影響が出てくるのでしょうか?
まず人が亡くなった時の遺品整理など、後片付けが楽になりますね。
物持ちの場合だとあれは捨ててこれは売って、いつのゴミの日に出したら良いだとかで大変です。
片付けの決着がつくまでに、何日もかかってしまうこともあるんじゃないでしょうか?私だったら死んでまで人の迷惑にはなりたくないですね。

また紙媒体が衰退すると考えられます。
そうすると森林を伐採する量が減るので、森林保護尾につながります。
ゴミを燃やす量も減るので、大気汚染の勢いも弱くなるでしょう。

横浜市青葉区の遺品整理に関する色々な感想・2

遺品整理にまつわる怖い話というのを、ネットで見ました。

それはその体験記を書いたブログの筆者の友人が亡くなり、その人とかかわりがあった仲間たちとで遺品整理をしに行ったところから始まります。
なんと彼女の部屋を整理しているうちに、自分たちが今までなくしたと思っていたグッズが山ほど出てきたというのです。
その品物がなくなって落ち込んでいるときに、一番に慰めていたのはその友人。
だからこそ彼女たちは衝撃を受けたそうです。
その失くしものの中には婚約指輪もあったそうで、これを紛失してしまったがために危うく婚約破棄されそうになった仲間もいたのだとか。

しかも部屋を整理しているうちに、友人がつけていた日記を発見。
ここには友人が胸に秘めていたドロドロとした感情が吐き出されていたのです。
仲間を見下したような悪口がたくさんかかれており、自分が盗んだのにもかかわらず全く気付かないと嘲笑っていたのです。

私はまだ遺品整理をしたことがないんですけど、こういうのって本当に怖いですね!自分の身の回りで起こったら人間不信で再起不能になってしまいます。
どこかで「一番怖いのは人間」と聞いたことがありますがその通りですね。
ちょっと自分を取り巻く人間関係についって眉間にしわを寄せながら考えてしまいました。

横浜市青葉区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

私のここ最近の日常と言えば、部屋に引きこもってずっとパソコンと向かい合っています。
それが仕事だし、自分で選んだものですから頑張ってやり通さなければなりません。
選んだ理由というのも私はもともと引きこもり気質で、一日中ベッドの上で過ごすなんて余裕でした。
これぐらい皆なんともないだろうと思っていたのですが、どうやらそうでもないようですね。
これを友人に言うと「信じられない!」と驚愕の表情を向けられるので、ちょっとだけ以後ことが悪いです。
だから最近ではあまり言わないようにしているのですが。

しかしまだこの在宅でのパソコンを使ったお仕事に慣れておらず、ペースがつかめないためでしょうか?本当に外に出る余裕がないのです。
正直言ってなめていました。
なまじ友人から驚愕の目を向けられていたがために、自分のひきこもり能力を過大評価していたのです。
私は今本当に外に出たいです!(笑)

パソコンと1対1の生活のため、日々まったく刺激がありません。
そんな生活を送っていると、「漫画家は動かな過ぎが不健康につながって早死にする」という情報を思い出してしまいます。
だから慌ててエクササイズDVDをつけて運動したり、突然私が死んでしまっても周りが困らぬように遺品整理や葬式に思いをはせたりと、何だかちょっとおかしくなってきました。

横浜市青葉区の遺品整理行った上での感想・4

私は占いが好きで、最近ではホロスコープで自分のチャートを作成して解読しては一喜一憂しています。
これは雑誌なんかで見る12星座の占いとは違って、自分の生年月日や生まれた時刻、出生地を考慮して判断するものです。
そのため結果がより細密になります。

そのホロスコープで自分の人生の終わり際のことを、この前占いました。
占いでは人の死のことを知ろうとするのは禁じ手と言われているそうですが、ダメと言われると気になってしまうものですよね。

結果、私は長生きするのだそうです。
しかしそれは宿命として困難な課題を背負っているからで、それを克服するために長い時間を要するから。
そういう訳で私は結果的に喜んでいいのか悲しんでいいのか複雑な気持ちです…。
ハッキリ言って楽しければ短い人生で構わないと思っていたところがあります。
だから「望んでいる人生と真逆じゃないかい!」と突っ込みを入れてしまいました。
しかも死に方が「不運な死に方」とされており、「火事に注意」と書いてありました。
え?私燃え死ぬの?イエス・キリストやジャンヌ・ダルクと同じ死に方ですがまったく嬉しくありません。
全部燃えるのであれば遺品整理の必要がないからラッキー!と、今は無理やりポジティブに考えています。

横浜市青葉区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

もしも自分が死ぬとしたら、どんな死に方が理想だろうかと考えてみます。
そういう風に自分の死に対して思いをはせたことはありますか?どこかで人は自分の葬式を想像して悦に入ると聞いた覚えがあるのですが、あなたはどうでしょう。
ちなみに私は特にエクスタシーは感じませんが。
そういう気持ちになる人の真理は興味深いですね。

まず一つ目に思い浮かぶのが、好きな人たちに囲まれてこの世での生を終えることです。
それはやはり家族なのでしょうか?しかしそれだと、今のところ結婚願望のない自分にとっては厳しいですね。
それに大切に思っている人に悲しい思いをさせることに、何だか抵抗があります。
理想の死に方としては今一つ納得がいきません。

2つ目に思い浮かぶのは猫のような死に方。
死期を悟って姿を消すというものです。
死ぬ前に自分の荷物の整理をばっちりして、他人に遺品整理の手間はかけさせません。
大切な人の悲しむ姿をみる必要もないし、そこは精神的に楽です。
しかしそれだとどこで死ねばいいのか、死に場所に悩みますね。
私の遺体を発見させてしまった人には迷惑がかかりますし。
夏場で発見が遅れたらトラウマを植え付けてしまいそうで申し訳ないです。

人に迷惑をかけない死に方というのは、なかなか難しいですね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品整理のご相談ならロングテールジャパン

お勧めの記事

  1. 国立市の様々な遺品整理関連に関する意見と感想をまとめました

  2. 松本市の様々な遺品整理関連に関する意見と感想をまとめました

  3. 狛江市の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  4. 戸田市の遺品整理など様々な意見と感想をまとめました

  5. 福生市の様々な遺品整理体験など感想をまとめました

  6. 甲府市の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  7. 港区の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

  8. 千代田区の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  9. 葛飾区の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

  10. 足立区の遺品整理など様々な意見と感想をまとめました

TOP