横浜市磯子区の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

横浜市磯子区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に横浜市磯子区の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

横浜市磯子区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

孤独死で若い方が多い理由のひとつに、自殺の増加があるようです。
高齢の方が衰弱や持病等でじっくり死に近づいていくわけではなく、若い方が自ら命を経つケースですね。
遺品整理屋さんのホームページを読んでいると、実はこの自殺現場の仕事が結構大変らしいです。

少しホラーチックな感じになるんですけど。
自殺の方法でイメージするのは、首つりですよね。
首つりって皆さんも知ってると思いますけど、時間が経つと体中の穴という穴から体液が出るていうでしょ。
ただそこから先どうなるかはあまり知らないですよね。
その遺品整理屋さんがいうには、首つり死体は時間が経つと、吊ってある縄やロープからずるずると肉がバラバラに落ちていくそうです。
そして落ちた下は体液で脆くなってますから、皮や肉が落ちた衝撃で抜け落ちるらしいんですね。
そうなれば特殊清掃は困難を極めるそうです。
なにせ床下やらにまで死臭が及ぶからもう手に負えなくなってくるんだとか。
マンションやアパートだと階下の人にとってはたまったもんじゃないみたいです。

遺品整理の仕事、そして死んだあとの処理について調べると、どんどん気分が滅入ってきそうです。

横浜市磯子区の遺品整理に関する色々な感想・2

遺品整理の仕事をネットで検索していると、その非日常の毎日や、壮絶な現場が今もこの日本のどこかで確実に当たり前のようにあるんだと実感します。
私みたいな何も知らない人間にとっては、知れば知るほど食欲と元気を無くし、気も滅入る一方なのですが、当の遺品整理屋の皆さんっていうのは、びっくりするぐらいに仕事に前向きです。
自分なら絶対に就きたくないこの仕事に、なぜ皆さんは就かれているのか不思議でなりません。

相手の立場に一度もなったことない時点で、不思議かどうかを推し量るのは無意味であることこのうえなしって感じなんですけど。
でも「やりたくてこの仕事やってる人なんかおらへんてあんた」と思ったとしても、じゃあそれを上回る理由って何やねんと疑問をぶつけずにはいられません。
家族?借金?そのへんが理由であれば、もっと他に探せば仕事あるんじゃないの?と思います。
たぶん何かしら理由があるとすれば、やはり金かなと。
おそらく女性が体を売る商売をして大金を稼ぐように、普通の稼ぎでは駄目な理由があって、この仕事をされているのかなと思いました。
「金のため」うーん何か違うなあ。
本当に社会貢献とかそういう大義みたいなのがあるんだろうか。
考えれば考える程に「じゃあ1回この仕事やってみーて」と、遺品整理屋さんに言われそうですね。

横浜市磯子区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

遺品整理屋さんのホームページを見ていると、あるスタッフの「この仕事を選んだ理由」が紹介されていました。
これは大変興味をそそられます。
現時点では、自分的に「お金のため」というのが勝手に最有力となっていますが、実際に働かれている方の生の声はどうなのか?それは知りたい。

どうやらその遺品整理屋さんの若手のお兄ちゃんは、昔相当悪さをしてきたから「人が嫌がる仕事をしようと思った」とのことです。
悪さをしてきたから人が嫌がる仕事を選ぶ、という思考経路に論理的な答えを見いだすことはできませんでした。
ただ最後にはこうも付け加えられていました。
「お客さんからのありがとうという言葉がモチベーションになっている」と。
これを見てピンと来たのですが、同じ意見が多いんです。
しかもその「ありがとう」は別職種を経験された方に言わせると、「感謝の言葉の重みと質が違う」とのことらしいです。
確かにこれは何だか腑に落ちました。
言われたことないですし、言ったこともないですけど、腐乱遺体のある部屋を遺品整理ができる状態に持っていってくれたら、すごい感謝すると思います。

この仕事をする意味。
「お金のため」ともうひとつ、「感謝の言葉が効きすぎる」というのもありそうですね。

横浜市磯子区の遺品整理行った上での感想・4

またある遺品整理屋さんのホームページを見て、この仕事を続けられる方々の気持ちを少しでも掴むヒントがありました。
それが「なくてはならない仕事」という責任感です。
これはどの職種でも当てはまることですが、「こんな仕事絶対やりたくない!」と思ってきた自分としては、「でも誰かやらんと誰がやんの?」とバシッと言われた気がして、思わず「ううっ」となりました。
確かに、一度やってしまったら「オレが辞めたら誰が代わりを務めんねん、こんな仕事誰もやらへんやろ」と思ってしまうのかもしれません。

ただ、いくらそう思ったとしても逃げ出したところで誰もあなたを咎めませんて、と言いたくなるのです。
仮に遺品整理の仕事を辞めた人がいたとして、「お前がやらへんかったら誰がやんねん」なんて言葉言えるわけありません。
その人は何億人という人が避けてきた、あるいは知る由も、知りたくもなかった領域に足を踏み入れてきたわけです。
ひょっとしたら大きな借金を完済してようやく仕事を辞めれるようになったのかもしれません。
そうして解放された人に「辞めんなよ、代わりおらへんし」なんて言う人の思考回路こそ、うーん、でもそう言える人の考えも理解できないわけではない。
だって代わりに自分に白羽の矢が当たってやれといわれて、やるかといえば絶対嫌ですもんね。

横浜市磯子区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

遺品整理という仕事をやる人と話したことはありませんが、実はそれほど過酷ではないのかもと思えてきました。
慣れてしまえば、野球選手と同じかもしれません。
死臭や大量のゴキブリ、ウジやハエ、そんなもの慣れてしまえばどってことないように思えてきました。

いや、やっぱり違いますね。
自分ならそれに慣れてしまうこと自体嫌かもしれません。
「慣れって怖いよね〜」の究極かもしれませんね。
死に慣れてしまう人生なんて、自分は嫌だなあ。
「おくりびと」で確か、「生きるために食う」みたいな台詞ありましたけど、そんな真正面から模範解答言われてもって感じですよね。
「生きるために働く」それは確かにそうだけど、よりによってその仕事?と思うのが普通のような気がします。

「なぜ遺体整理なのか?」「思ったより慣れれば平気なのか?」「慣れてしまうことに抵抗は無いのか?」「親や兄弟に言える仕事か?」この最後の「人に言える仕事か」っていう問題にも「おくりびと」は言及してましたよね。
映画ではそのへんあやふやな感じで終わってましたけど。
人に言えるかどうかで言えば、自分は言えませんね。
でも「生きるためだから仕方あらへん」と言われると返す言葉がないです。
結局、どれだけ遺品整理屋さんのホームページを見て、上っ面のグロさを見ても、極限の状況を経験しないとヒントすら見つかりそうもありませんね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品整理のご相談ならロングテールジャパン

お勧めの記事

  1. 狛江市の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  2. 横浜市西区の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  3. 川崎市中原区の遺品整理様々な感想をまとめました

  4. 墨田区の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

  5. 昭島市の遺品整理を行った方様々な感想をまとめました

  6. 横浜市泉区の様々な遺品整理関連に関する意見と感想をまとめました

  7. 横浜市戸塚区の遺品整理を行った方様々な感想をまとめました

  8. 中野区の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  9. 横浜市港南区の遺品整理を行った方様々な感想をまとめました

  10. 日野市の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

TOP