調布市の遺品整理を行った方様々な感想をまとめました

調布市の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に調布市の遺品整理を行った方様々な感想をまとめました

調布市の遺品整理に伴う片付けの感想・1

遺品整理業をしている友人の、そもそもこの業界に入ってきた話ですが。

その家事代行サービスの会社では、友人は営業事務のような役割でした。
自分自身が家事をしにお客様の家にいくのではなく、いわゆる家事をしてくれる主婦の皆さんの派遣管理のような仕事ですね。
なにせ正社員での就業経験が無かったわけですから、最初は契約社員として営業事務からの仕事です。
このときすでに20代の後半でしたが、世の中には30代40代にもなって働いていない人もいるわけですから、友人はまだ良かったほうだと思います。

そうこうしている間に、気づいたら友人は正社員になっていっぱしのサラリーマンのようになっていました。
もともと公務員ばりにキッチリしたがるタイプでしたから、酒の場でも職場の課題等を漏らしていました。
私たちはそれに対しアドバイスをいうわけでもなく、ウンウンと頷いていたのを思い出します。

思えばあれだけ熱く語る友人を見たのは、そのときが初めてだったように思います。
もともとそういう起業家精神のようなものがあったのかもしれませんね。

調布市の遺品整理に関する色々な感想・2

遺品整理業を友人が立ち上げる前に、友人が勤めていた家事代行サービス会社。
結果的にここでの経験が彼を遺品整理業界へと導くことになったのは確かなようです。

営業事務として現場の課題等を目の当たりにして愚痴を零す暮らしが3年ぐらい続いたでしょうか。
その頃には友人も営業事務のなかでは偉いほうの主任クラスになっていました。
そして自分たちの業界には、単純に家事の代行をするサービスから、その発展系で遺品整理を主力とする会社もあることを知ります。

そういった時代の流れのなかもあって、そこからですかね。
たまーに遺品整理の話をするようになったのは、もちろんそれを自分が起業してやるといった具体的な話はありません。
話の流れで世間話程度にネタにするだけです。

まあ今考えると遺品整理につながる話の流れて何やねんという感じですが。
まあおそらくこの頃には遺品整理業界にかなりの興味関心があったのは確かでしょう。

ただあまり酒がうまくないので、このネタがで出すと誰とも無くやんわり話題を変えていたのは、今となってはいい思い出ですけど。
そこからしばらくして、友人は忙しいようでなかなか酒の場にも顔を出さなくなりました。

調布市の遺品整理関連で見た様々な感想・3

遺品整理業をしている友人がこの業界に入ることになった経緯ですが、いわゆる業界には家事代行サービスの会社に勤めた時点で片足を突っ込んでいたわけです。

そんな生活が続いた4年目ぐらいから、友人がなかなか電話にも出なくなり、付き合いも悪くなり始めました。
飲みの誘いのメールで「すまん今晩も遅い」と返してくるのはまだ良い方で、大概が完全無視でした。

友人たちと「いまあいつは相当忙しい、社会のアリになったな」などと冗談を交わしていました。
そうして友人の付き合いが悪くなり始めた翌年の夏。
夏休みで地元を離れていた友達も里帰りしてますから、皆で集まって酒でも飲もうかという話になりました。
さすがにそういうタイミングではその友人も乗り気で参加です。

そしてその飲み会の晩に、「実は遺品整理業やってんねん」と、私たちは聞かされたわけです。
もちろん皆最初はピンと来ませんでしたが、冗談をいうタイプではないので、本当の事を言っているのはわかりました。
ましてやもともとその業界に興味があったのは知っていましたからね。

調布市の遺品整理行った上での感想・4

結局のところ、友人が遺品整理業界で一旗揚げたのには明確な理由があったかわかりません。
ただ急に立ち上げたというわけではなく、家事代行サービスへの就職。
現場の抱える課題に悩む毎日。
遺品整理という同業の存在を知る。
などなど様々な伏線があったのでしょう。

そしてある日、ひょんと現れて遺品整理業者の社長になっていたというわけです。
仕事は相変わらず忙しいようですが、起業に向けたあの音信不通の数ヶ月感に比べれば随分と付き合いは良くなりましたが。

結局起業について詳しく話を聞いた人間は他にもいません。
そういう伏線のなかで自然の流れで起業したのか、それとも何か決定的な理由があったのかは定かではありません。

ただ遺品整理という特殊な業界ですから、何か大きな決断をしたのは確かです。
そして下すまでにはきっと悩んだと思います。
自分たちにとっては起業するだけでも雲の上の話なのに、それが遺品整理業というのがビックリでしたが。

まあとにかく今では元気に仕事にも励んでいるので、何の問題もないのですが。
この姿をプー太郎してた頃の昔の友人に見せてやりたいですね。
お前は将来遺品整理業社の若社長になるんやでってね。

調布市の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

遺品整理業者にまつわるミステリーのひとつ。

そう、「それ、なんぼ?」ですよね。
ぶっちゃけやってることは引越し屋さんよりはソフトなはずなんです。
だって遺品整理はどこかに届けるわけではありませんから、処分するものも非常に多くあります。
廃品回収のルートを持っているのが普通らしいので、処分料もそれほどかからないでしょう。
一体いくら貰っているのか?このアンタッチャブルなクエスチョンを前に遺品整理業を営む友人に投げかけたことがあります。

答えは「案件によりけり」。
なにその、あとで何とでもなる回答は、と思ったことは言うまでもありませんよね。
まあ実際どんな仕事も極論言えば案件によりけりなのは百も承知で、そんな意地悪な答え方ではなく、一般的な平均月収よりもらってんのかもらってないのかぐらいの、判断はつくだろうと、そこを教えて欲しいていってんの。
ここまで説明しないとわからないほどお前は阿呆なんかコラ?という状態でした。

まあ友人も反省したのか、「皆と変わらんて」という危なげない返答。
まあ誰に聞いても無難な答え方しますよね普通は。
遺品整理業が儲かっているかというのは、現時点では謎のまま。
そのため飲みはいつも割り勘ですもちろん。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品整理のご相談ならロングテールジャパン

お勧めの記事

  1. 川崎市麻生区の様々な遺品整理体験など感想をまとめました

  2. 青梅市の遺品整理様々な感想をまとめました

  3. 高座郡寒川町の様々な遺品整理関連に関する意見と感想をまとめました

  4. 小金井市の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

  5. 昭島市の遺品整理を行った方様々な感想をまとめました

  6. 甲府市の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  7. 横浜市神奈川区の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

  8. 北区の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  9. 横浜市栄区の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

  10. 茅ヶ崎市の遺品整理など様々な意見と感想をまとめました

TOP