板橋区の遺品整理様々な感想をまとめました

板橋区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に板橋区の遺品整理様々な感想をまとめました

板橋区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

テレビ番組で、今ねたきりの人の「お下の世話」を自動でする機械が、とても売れているという話を耳にしました。

100万円もするのに大変な人気となっているので、もっと広く流通すれば半額位で普及させられる、といった話題ですが、なるほどと思いました。

介護の現場で毎日過酷な現実に向き合っている方ならならば、もっとうなづけるのかも知れません。
介護される方も人の手をわずらわせたくない、そして、自尊心というもののは最後までなくなりはしないということです。

遺品整理も同じような世相を反映しているように思います。

特に、自分であらかじめ遺品整理の用意をするという「事前整理」など、人に迷惑をかけずにきれいに旅立っていきたいということで、潔くて清々しい考え方だと私は思います。

そうしたい人というのは、自分がそれで安心するからということでもあるでしょう。

プライドともいえるでしょうし、終わりの美学という感じでしょうか。

同じように、「エンディングノート」を作成する方や、「散骨」を希望する方もありますし、献体やドナー登録、ふつうにお墓の準備というのも、死後のことを自分で選択できるようになったという意味では、とてもいいことだと感じています。

板橋区の遺品整理に関する色々な感想・2

私が住んでいる街の、こじんまりとした商店街の一角に、ちょっと個性的な雑貨屋さんがありました。
ウインドーをちらっと覗くと、極彩色のオンパレードで、色んな異国から集めた、不思議な面白いものがところ狭しと並んだようなお店でした。

あるとき、たまたまそのお店のご主人が、まだ30代の女性で、しかも今年の夏に急逝されたと知りました。
しばらく考えて、あ、あのお店か、とわかりました。

この夏も元気に家族で旅行などいかれ、お盆祭りをひかえた商店街でふつうにお店を開けていたのに、急に心臓発作かなにかで亡くなったそうです。

そのお店がまだそのままの状態であるのです。

外装などけっこう目立つ色で、もともと地味なお店ではなかったと思うのですが、私がたまにその通りを歩いても、思い出さなければ見過ごしてしまうような、ひっそりとした佇まいで、そのまま秋を迎えていたようでした。

その、強烈なインパクトのある、雑貨の数々が溢れた店内を、きっと周りの人もまだ片付けることができないのかも知れません。

お友達も、お客様も多く、ご家族も明るく仲が良く、みなに愛された方だったようです。
遺品整理ができるまで、あのお店の雑貨たちは、帰らぬ店主を待っているようです。

板橋区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

遺品整理をうけおう業者の中には、もともと廃品回収業をしていた、というところが結構あるようです。

そのような業者のなかには、速さと安さを売りにしているところもあり、それほど故人の供養だとか、悲しい社会背景だとかを感じさせない宣伝のカラーをとっているので、ちょっと拍子抜けする感じもしました。

とにかく、速さと安さが勝負、と明言されています。

そういう業者を敢えて選ぶ方もいるのだなと、あらためて思った次第です。

ご遺族の方も、長年の付き合いの感じや、本人の暮らしぶりなどから、ある程度はそうなることを予期していた、といった感覚なのでしょうか。
案外、さばさばと遺品整理を手配し、業者の方もさらりとブログにかいてあったりします。

もちろん、かといって否定的なことがかかれているのではなく、淡々と遺品整理をすすめたい方もあるということで、逆にスッキリしているようにも思います。

ひとり暮らしを貫く人は、そういった覚悟も持って生きたという側面があるのかも知れません。
ブログには、ひとりの生活を謳歌した故人の部屋の状況などがあり、多趣味だった様子などもかかれていました。

こまごまと緻密に片付ける、気遣いのサービスと、かたや、淡々としたスピーディな作業。
さて、あなたなら、どちらの遺品整理を頼みたいでしょうか。

板橋区の遺品整理行った上での感想・4

今年の夏、私は葬儀の接待というアルバイトを経験しました。

お通夜から告別式、それからご遺族とともにバスで火葬場へ行き、お骨をともなって帰り、最後に忌中引きというフルコースを、いくつも体験させてもらいました。

けっこう大変な仕事ではありましたが、自分の身内で葬儀はなかなかあるものではないので、社会勉強になりました。

やはりご遺族も葬儀に慣れた方というのは、高齢者を除けば、そういないでしょうから、2日間お手伝いすると、つくづく葬儀というものは本当に大変なセレモニーだと痛感しました。
もちろん、喪主を中心とした、ご遺族が一番大変そうです。
気を張って、気をつかって、さらに、窮屈そうな喪服に身をつつんで会釈をくりかえすだけでも、体も相当つかれます。

きちんとなさった、立派な感じのご遺族ほど、正直なところ、故人を悼む余裕などないのではないか、と感じてしまうのが「お葬式」でした。

ですから、葬儀のあと、遺品整理をすみやかに行うなどということは、普通の人間には、とても過酷な労働だと思います。
精神的にも肉体的にも、です。

高齢化がすすみ、葬儀屋さんはニーズが多く、業者も増えているでしょうし、葬儀そのものも無駄がなく、進化を感じました。
そこで、遺品整理業のような付加的な業種も、今後、ますます発展すると思われました。

板橋区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

「孤独死を少しでも減少し、高齢者の方に健全な生活をしてもらえるようにするには、現実で起こっている問題を知ってもらうことが重要」として活動する、遺品整理の企業があります。

また、遺品整理士という資格を作り、養成しようという、ある協会では「ひきこもり」や「不登校」をサポートする資格者の育成も、同時に手がけています。

遺品整理の需要は高まる一方、とはいえ、その対策にとりくむ姿勢もあらわそうということのようですね。

そこで、私も、孤独死を減らすような社会にするにはどうしたらいいのか、考えてみました。
とても難しい問題ですが、「いじめ社会」をなおす心掛け、というのはどうでしょう。
日本では「いじめは、される側にも原因がある」という考えがあるようですが、欧米の人がこれはおかしいと指摘するのを、何度もききました。

「原因があればいじめてもいい」という感覚がどこかにありませんか。

日本の自殺者の多さをみたとき、陰で個人を攻撃するのをやめるような社会になれば、変わるのでは、と思うことがあります。
大人の社会での話です。

個人主義やひとり暮らしを否定するのではなく、ひとりとひとりが、いたわり合えるような優しい世の中。
これからはそんな社会をめざせたらいいと思います。

そして、遺品整理は、そんな優しさが根底にあるサービスであって欲しいです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品整理のご相談ならロングテールジャパン

お勧めの記事

  1. 武蔵野市の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

  2. 相模原市の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

  3. 足立区の遺品整理など様々な意見と感想をまとめました

  4. 愛甲郡愛川町の様々な遺品整理関連に関する意見と感想をまとめました

  5. 国分寺市の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

  6. 小金井市の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

  7. 新宿区の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

  8. 文京区の様々な遺品整理関連に関する意見と感想をまとめました

  9. 三浦郡葉山町の様々な遺品整理体験など感想をまとめました

  10. 横浜市鶴見区で行った遺品整理に関する感想をいただき纏めてみました。

TOP