墨田区の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

墨田区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に墨田区の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

墨田区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

ここにきて、一段とまた注目度が高まっている印象があるのが「遺品整理サービス」です。
このサービスを利用するご家庭だけではなく、仕事自体に注目が集まっているという印象があります。

ところで、「遺品整理」というのはどんな仕事内容になるのでしょうか。
ことばだけから連想すると、まさにそのままの内容がイメージされるとは思いますが、では、ここでいう「整理」って一体なんなの?という、イマイチ漠然としすぎているところもありますよね。

それについてちょっと説明しておきます。
ここでの「整理」というのは、早い話が、遺品を形見分けする物と捨てる物、さらには転売する物に仕分けし、不要な物を処分したり引き取ったりすることを指します。

遺品を引き取ってどうするのかというと、これはおそらくみなさんのご想像のとおり、リサイクルショップで販売することになります。
したがって、遺品整理業者はリサイクル系の業者とのコネクションは非常に強いことが多いです。
というより、元々はリサイクルショップの専業だったのが、新たに遺品整理業も兼業し、やがてこちらがメインの仕事になったという業者も珍しくないそうです。

核家族化や少子高齢化がもたらす影響は多様ですが、実はこの業界が一番恩恵を受けていると言えるのかもしれませんね。

墨田区の遺品整理に関する色々な感想・2

遺品整理をめぐって、依頼した業者とのトラブルがあとを絶たないという話を耳にします。
ご家族のどなたかがお亡くなりになってショックで落ち込んでいるときに、少しでも気持ちを前に向けるために、面識のない第三者の力を頼って遺品整理の代行を依頼しているにもかかわらずトラブルに巻き込まれるようなことがあったら、ほんとうにつらいでしょう。

それにしても、どうしてそんな悲しむべきことが起こってしまうのか、これはちょっと不思議すぎる気がします。
しかし実は、少し大げさな言い方をすれば、近年の社会的背景もこのことに大きく影響していると言えてしまうのです。

というのも、以前はほとんど存在していなかった遺品整理業者が、ここにきて急激に増えてきているのは、「核家族化」と「少子高齢化」というふたつのファクターが影響してのことだからです。
早い話が、遺品整理を遺族だけで行うには「人手が足りない」という問題に直面するケースが多くなっているのです。
ですから、核家族化と少子高齢化が進めば進むほど、この業界はどんどん膨張していくという構造になります。

とすると、次々と新規参入の業者がどんどん仕事を受注するわけですから、経験不足がアダとなってトラブルが生じてしまうという、そんなカラクリが隠されているのです。

もちろん、悪意ある業者も少なからずありますが、悪気はないのにトラブッてしまうというケースも目立つのが、この業界の現状です。

墨田区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

遺品整理業は、大切な人を亡くされ、心に大きな穴が開いてしまったご遺族の方々の力になってくれる、とても素晴らしい職業です。
しかし残念ながら、遺品整理業者とご遺族の方の間には、大小さまざまのトラブルが発生しているのが現状であると言わなければなりません。

少子高齢化が進み、核家族化が顕著になり、それが今なお進行中である現状を踏まえれば、ご遺族の方々だけで遺品整理を行うというのは確かに少々難しいと考えざるを得ない時代になってきました。
それだけに、業界全体が非常に活気づくというのもよく理解できます。

しかし、ユーザーに満足いくサービスを提供できないというのは大きな問題であり、それを素通りすることはできません。

現在日本には、数千とも言われるほどたくさんの遺品整理業者が存在しています。
しかし、遺品整理を行う上で非常に重要な民間資格である「遺品整理士」の免許を保有しているスタッフがいる業者は、その中でもほんのひと握りにしか過ぎないという事実があります。
業者と依頼人との間で何らかのトラブルが発生するというのは、やはりこのことが最大の原因となっていると考えられます。

数多くのトラブルが報告されているだけに、そろそろ法を介入させるべき時期に差しかかってきたのではないかという気がします。

墨田区の遺品整理行った上での感想・4

従来であれば、「身内の死」という悲しむべきことにまつわるいろいろな手続きはすべて身内だけで行うというのが日本人の考え方でしたが、しかし時代は大きく変わりました。
これは「身内の死」に対する価値観云々という問題ではなく、物理的にそれが不可能になってきたというほうが正しいでしょう。
つまり、家族構成が大きく変化したために、遺品整理できるだけの人数がそろわなくなってしまったということです。

しかし、故人の大切な思い出となる品物を整理しないわけにもいかず、そうなると、当然第三者の力が必要になってきます。
そしてその「第三者」こそ、近年注目を集めている「遺品整理士」と呼ばれる人なのです。

遺品整理を行う人がみな遺品整理士と呼ばれるわけではなく、そう呼ばれるためには、所定の資格を保有している必要があります。
その資格は、遺品整理士認定協会が実施している認定試験に合格することで取得することができる「遺品整理士」という民間資格になります。

就職先としてこの業界を志す学生さんも増えてきていますので、今後もこの資格を取得したいと考える人は増えると思われます。

墨田区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

私の父が急死し、悲しみに浸る間もなく葬儀がらみで嵐のように忙しい日々が始まりました。
あっという間に葬儀が終わり、父が働いていた会社や地元の市役所などで手続きと並行して、父の遺品整理も行いました。

とにかくいろいろしなければならないことがたくさんあって、自分たちの力だけで遺品整理を終えることができるかどうか不安でした。
ですから、最近よく耳に入ってくる「遺品整理サービス」を利用しようかともちょっとは考えました。
しかし、父のためにできることはできるだけ自分たちだけでやりたいという気持ちから、兄弟も集まって一緒に遺品整理をすることになりました。

遺品の中で一番量がかさばったのが衣類でした。
父は生前それほどオシャレを楽しむというタイプではなかったので、これは意外でした。
古着屋さんに売却することも考えました。
でも、父の遺品をお金に替えることはしたくありませんでした。
自分たちで使えそうなものだけ形見分けという形で分配しました。
そして残りはすべて処分することにしました。

父の遺品がどんどん整理されて行き、その寂しさから涙がこぼれることもありましたが、自分たちだけで遺品整理をしてよかったと思います。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品整理のご相談ならロングテールジャパン

お勧めの記事

  1. 伊勢原市の遺品整理様々な感想をまとめました

  2. 秦野市の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

  3. 横浜市港南区の遺品整理を行った方様々な感想をまとめました

  4. 横浜市港北区の色々な遺品整理関連意見と感想をまとめました

  5. 茅ヶ崎市の遺品整理など様々な意見と感想をまとめました

  6. 上尾市の遺品整理を行った方様々な感想をまとめました

  7. 昭島市の遺品整理を行った方様々な感想をまとめました

  8. 川崎市中原区の遺品整理様々な感想をまとめました

  9. 前橋市の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

  10. 横浜市鶴見区で行った遺品整理に関する感想をいただき纏めてみました。

TOP