南足柄市の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

南足柄市の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に南足柄市の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

南足柄市の遺品整理に伴う片付けの感想・1

遺品整理に業者が存在するって知っていますか?私はつい先日までそんなこと知りませんでした。
故人の荷物は遺族が片付けるのが当たり前って思っていたんです。
御社というところを知って新しい世界を知ることができました。

祖父が亡くなったのは埼玉県の鳩ヶ谷の実家です。
一人暮らししてからあまり顔も出していなかったんですが、やっぱり亡くなると辛いものですね。
柄にもなく大泣きしてしまいました。

遺品整理でもやっぱり泣いてしまいました。
きっと誰でもそうだと思うんですけど、「使っていたもの」というのは生々しい思い出があるものなんです。
遺品に触れるたびに蘇る記憶。
もう涙なんて止めようがありませんでした。

業者は御社というところでした。
遺品整理をやってくれる業者って私は知らなかったんですが、あるんです。
対応もかなり良くて少しだけ感心したのを覚えています。

当日の仕事も感心、いや感動しました。
遺品整理とうのはとても微妙なものです。
故人の思い出や遺族の思いがありますから。
だからこそ慎重な対応って必要です。
スタッフさんたちは当たり前のように、気遣いの言葉や態度を示してくれてました。
初の遺品整理業者でしたが、見習えるところはたくんさんありました。
仕事っていうのはただやればいいんじゃない。
心があってこそ成り立つんだって。
世界を広げてくれた御社には感謝したい、そう思います。

南足柄市の遺品整理に関する色々な感想・2

父の頑固っぷりは今に始まったことではありませんが、毎度呆れています。
でもこの前は「男らしいな」そう思わされました。

実は先日母が亡くなってしまいました。
そのために埼玉県の鳩ヶ谷に帰っていたんです。
葬式も終わり「これでお別れか」そう思っていた私に父がこう言いました。
「遺品整理を手伝え」って。

やらなくてはいけないことだけど、悲しみも消えないうちにやるものなのか?とちょっとだけ感じていました。
でも父は一度言ったら止まりません。
仕方なく遺品整理を手伝うことにしたんです。

母はいないですが、遺品には温もりのようなものがまだありました。
実際に温かいわけではもちろんありません。
思い出がまだ鮮明に残っているんです。
母の使ったエプロン、裁縫道具、来ていた洋服、大事にしていた香水。
確かに父が使わないのはわかっています。
でも遺品整理するのはもうちょっと後でも…。

御社という遺品整理業者も父が決めました。
HPを見つけたんだそうです。
あまり気乗りしないことでしたが、御社の仕事ぶりをみたらそんなことも言えませんでした。
大切に母の遺品を扱う姿は故人への敬意で溢れていました。
謙虚で丁寧な物腰は遺族を気づかうそれでした。
気が付くと私は涙していました。

父も目に涙を浮かべつつ、こう言ってきました。
「お母さんを送る最後の時だぞ」と。
遺品整理は生きているもののつとめ。
頑固な父の信念に感動せざるを得ませんでした。

南足柄市の遺品整理関連で見た様々な感想・3

私の父が亡くなったのは二か月前のことです。
遺品整理はほんの一か月前。
まだまだ悲しみは消えませんが、最後のつとめができたのは本当に良かったなと思います。

遺品整理というのは故人のためにできる最後のことだと私は思っています。
葬式ももちろんそうですが、大切な人のものを片付けることだって重要な儀式だって思います。

母も私と同じ考えでした。
二人であれこれと思い出を語り、時に笑って涙を流しながら作業をしていました。
私たちにとって御社という業者に頼めたのは本当に偶然でした。

というのも、たまたま私がネットサーフィンをしていた時、母が「遺品整理の業者さんっていないのかな?」と聞いてきたんです。
知識のない私が検索すると出るわ出るわ、実は業者は存在したんです。
その中でパッと目に入ったのが御社です。
正直直感でした。
でもHPを見て母も納得し、頼むことにしたんです。

偶然のことでしたが、御社は正解でした。
もっと仕事仕事してるのかなって思いましたが全然そんなことありませんでした。
むしろ丁寧で心のこもった対応だったと思います。

まだまだ父が亡くなった悲しみは消えません。
もしかしたら一生消えないかもしれません。
でも御社さんのおかげでなんというか、少しだけ楽になった気がします。
偶然が生んだ縁は私と母にとって本当にありがたいことだったと思います。

南足柄市の遺品整理行った上での感想・4

ちょっと前に遺品整理のために帰省してきました。
あまり気乗りしませんでしたが、それでもやって良かったなって今になると思います。

僕はあまりものを片付けるのが得意ではありません。
一人暮らしの部屋なんてひどい有様です。
そんな僕が亡くなった祖母の遺品整理をするというんですから…なんとも複雑な気持ちでした。

でも実際にやってみると「やってよかったな」という気持ちになってきました。
会社に勤めてから年に数回しか顔を合わせていませんでした。
だから正直なところ悲しみって薄かったんです。
もちろん泣きましたけど、思ったよりもグッとはこなかったんです。
ただ遺品に触れるとやっぱりきますね。
葬式以上に大泣きしてしまいました。

せっかくだからプロに頼んできちんとしよう、そう言いだしたのは僕です。
父は「自分でやるの面倒なんだろ」なんて言ってましたが、気持ちを伝えたらちゃんとわかってくれました。
「お前がそんなこというなんてな」なんて驚いていたくらいです。

御社という業者はとても良かったです。
かなり厳選して選んだ甲斐がありました。
かなり量がありましたが、雑にすることは一切なく、ひとつずつ丁寧にやってくれてました。
「お前の言うとおりだったな」なんて父も声をかけてくれたのが印象的です。
故人をちゃんと送るために遺品整理業者を使う。
ぜひみなさんも試してみてください。

南足柄市の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

先月はいろいろと大変でした。
急に父が亡くなってしまったんです。
お葬式もあったし、遺品整理もあったしで急遽実家のある鳩ヶ谷市まで向かうことになったんです。

お葬式はそれこそ業者にお任せですからあまり苦労はありません。
こういうと変ですが「悲しむことに、お別れすることに」専念できます。
でも遺品整理となると…話は違ってきます。
肉体的にも精神的にもかなり大変でした。

「業者を使えばいいじゃない」って母はいいました。
でも不安が私にはありました。
実を言うと、私は遺品整理業者で失敗した友人を知っています。
なんでもかなり雑に遺品を扱われて、クレームを入れたそうです。
大切な人との最後の別れに水を差され、怒りも当然だと思います。

その点、私はとてもラッキーでした。
御社というところがとても良かったからです。
本当のところを言うと、友人の件もあり二の足を踏んでいました。
「雑に扱わないよね…」そう願っていたのも事実です。
でも御社さんは遺品整理にきっと誇りがあるんでしょうね。
大事に扱うことはもちろん、私たちへの礼儀や気遣いもしっかりできる人たちでした。
節度ある大人の、心ある人間の仕事というのは本当に素敵なことだと思います。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品整理のご相談ならロングテールジャパン

お勧めの記事

  1. 青梅市の遺品整理様々な感想をまとめました

  2. 渋谷区の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

  3. 横浜市栄区の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

  4. 狛江市の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  5. 目黒区の遺品整理様々な感想をまとめました

  6. 西東京市の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  7. 横浜市西区の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  8. 北区の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  9. 中野区の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  10. 板橋区の遺品整理様々な感想をまとめました

TOP