藤沢市の遺品整理を行った方様々な感想をまとめました

藤沢市の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に藤沢市の遺品整理を行った方様々な感想をまとめました

藤沢市の遺品整理に伴う片付けの感想・1

遠くで暮らしていた兄が亡くなりました。
2人きりの兄妹だけれど、お互いの居住地が遠過ぎて、数年に1度しか会うことができませんでした。
両親はもういないので、生まれ育った家族はもう誰もいないことになります。

悲しみも強かったのですが、それ以外にも困ったことは遺品整理でした。
なにせ遠いのです。
仕事もありますし、葬儀や納骨だけで手一杯でした。
兄は賃貸マンション暮らしでしたので、急いで遺品整理をする必要があり、本当に困りました。

夫に相談したところ、遺品整理の業者を紹介してくれました。
以前、職場の同僚が利用したことがあったそうです。
愛する兄の荷物を、知らない人に触らせるのは抵抗があったのですが、夫の話だと業者の丁寧な仕事に同僚はとても満足していたとのことでしたので、依頼してみました。

当日は、マンションの管理人が立ち会ってくれました。
作業は何も問題なくスムーズに済んだようです。
後日、菓子折りを持って管理人にお礼に行きましたが、管理人もプロの仕事に感心していました。
愛情はあっても、時間も丁寧さもないガサツな私がするよりも、良かったのかもしれません。

兄のいない人生は寂しいですが、私には夫も娘もいますし、兄に恥じないよう日々大切に生きていこうと思っています。

藤沢市の遺品整理に関する色々な感想・2

私が小さい頃に離婚して出て行った母が、先日亡くなった。
私を捨てた母を恨んだこともあったけど、大人になるにつれて父と祖母の性格に問題があったことが分かって、母に対する気持ちも変化していった。

出て行ってから20年以上経っていたのもあって、遺品整理は業者に依頼した。
業者が遺品整理をする際に、母の生前の生活に興味があったので立ち会うことを決め、母の住んだ町へ向かった。

母のアパートは古くて狭かったが、きれいに片付けられていて、壁には小さかった私の写真が貼られていた。

母をいびって追い出した祖母と、見てみぬ振りをした父は、私の成長を全て見て、今は孫まで抱いている。
それなのに、ただ弱かっただけで何の非も無かった母は、2歳までの私しか知らない。
古くなって黄ばんだ写真だけが、母と私のつながりだった。

言いようの無い憤りを感じて、父を許せないと思った。
直接の加害者である祖母以上に、父が憎かった。
世界中が母の敵になったとしても、父は母の味方になって守らなければいけなかったと思う。

今、私は夫の母からいびりにあっている。
安易に離婚をするべきではないと思って留まっていたが、母の遺品整理に立ち会ったことで、本当の敵が誰であるか気付けたと思う。
母は、その生涯の最後に、私に大切な教訓を授けてくれたのだと感じている。

藤沢市の遺品整理関連で見た様々な感想・3

当社が管理しているアパートで、今年二件目の孤独死が出ました。
また葬儀に遺品整理にと忙しくなります。
社員の中には、孤独死をしそうな独居老人や高齢独身者の入居を断るべきだという声もあります。
しかし、当社はそういった人々の受け皿的存在でもありたいと考えています。

年々進む高齢化や核家族化、生涯独身率の増加、こういった状況の現代において孤独死は、自然な死に方の一つになっていくのではないでしょうか。
単身者向けの物件の内装を、もしもの時のために掃除しやすいものにしておいたり、遺品整理業者との提携をしたりという対策が、これからの不動産会社には必要になってくるのだと感じています。

入居の時点で、孤独死したとき用の葬儀や遺品整理の費用を納めてもらい、葬儀の参列者用の連絡先を登録しておくなどのサービスも、求められていくのではないかと思います。

「安心して住めて、安心して死ねる」そんな物件が、これからの時代には合っているのではないでしょうか。
老人向けのグループホームに近いところもありますが、共同生活をする訳ではありません。
若者でも住める普通のアパートにこそ、そういったサービスが必要なのだと感じています。

当社が時代の先駆者になれるよう、日々精進していこうと思います。

藤沢市の遺品整理行った上での感想・4

会社の先輩が、先月亡くなりました。
先輩は、独身で仕事に生きる女性って感じの方で、私の憧れの人でした。
都内の高級マンションを即金で購入し、一人で住んでいました。

先輩の死は、私だけではなく皆にとってショックな出来事でしたが、そんな中でも、先輩らしいと皆を感心させたことがありました。
それは、先輩が遺品整理などの死後の処理を予め業者に依頼していたことです。

先輩の死因は脳卒中だったので、本人にとっても完全に予想外だったはずですが、先輩はきちんと準備していたのです。
二日続けて操作されないと勝手に起動するプログラムを、自宅のパソコンに組んでいたようで、そのプログラムにより、マンションの管理会社、先輩の知り合いの弁護士、葬儀屋、遺品整理業者、その他死後に連絡を取る必要がある相手に自動的にメールが届くようになっていました。

葬儀の内容や遺品整理の手順も、全て書類にしてあったそうです。
完璧主義者の先輩らしいです。
若くして亡くなってしまった先輩ですが、やっぱり私の永遠の憧れの女性だと思いました。

先輩が残した指示通りに、全ての死後の処理はなされましたので、先輩も天国で安心してくれていると思います。

藤沢市の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

以前、私が管理人をしていた物件で、殺人事件がありました。
若い女性が付き合っていた男に絞殺された事件だったのですが、現場は凄まじいものでした。

そうとう抵抗したのか、家具や建具は破壊され、あちらこちらに血痕も飛んでいました。
被害女性の方も刃物で応戦したためです。
女性の遺族の方々は、とても遺品整理をしに部屋に入ることはできないとおっしゃられました。

遺品を片付けない訳にはいきませんので、当方で付き合いがあった遺品整理業者に、依頼されることを提案しました。
業者は、そんな酷い現場でも躊躇なく遺品整理をしてくれました。
さすがプロだと感心したことを覚えています。

遺品整理業者は、あまり知られていませんが、とても大切な仕事だと思います。
もっと知名度を上げるべきだと思いますが、リピーターができる仕事でもありませんし、口コミで広がる種類の仕事でもないので、それも難しいのでしょう。
この文章が、少しでも手助けになると良いのですが。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品整理のご相談ならロングテールジャパン

お勧めの記事

  1. 江東区の遺品整理を行った方様々な感想をまとめました

  2. 宇都宮市の遺品整理様々な感想をまとめました

  3. 世田谷区の様々な遺品整理体験など感想をまとめました

  4. 愛甲郡清川村の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

  5. 目黒区の遺品整理様々な感想をまとめました

  6. 相模原市の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

  7. 羽村市の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

  8. 横須賀市の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

  9. 葛飾区の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

  10. 北区の遺品整理を行った際意見や感想をまとめました

TOP